スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |

    やっとこ水冷パーツが着弾!(PCケース「ARC XL」用、ミリタリPC「ks'P-05」用)

    こんにちは。
    kaiten-sushiです。

    ようやく水冷パーツが到着しました。
    今回の水冷パーツは、レビュー依頼のPCケース「ARC XL」用と、
    仕掛中のミリタリPC「ks'P-05」用を兼ねて用意しました。

    購入は、こちらの3つショップから行いました。
    問合せが多いので参考までに、ロケーション、通貨、運送会社(追跡ありなし)など 各種情報も掲載しました。
    下のそれぞれの運送会社のリンクから追跡サービスに飛べるようになっています。

    Performance-pcs
     住所:アメリカ・フロリダ・パームベイ
     通貨:米ドル(円ドル為替現在101円ほど)
     運送会社:USPFedEx など、到着まで1週間(追跡サービスあり)

    Specialtech
     住所:イギリス・ウェールズ地方・ペンブルックシャー
     通貨:英国ボンド(円ボンド為替現在167円ほど)
     運送会社:Royalmail など、到着まで1週間
     (追跡サービスないが、荷物がイギリスか日本(KAWASAKI)にあるかは分かる。
      Royalmaiって郵便局ですが、安くて以外に到着早いのが驚き)

    CoolingLab
     住所:日本・大阪
     通貨:日本円
     運送会社:クロネコヤマト など、到着まで2日ほど(追跡サービスあり)

    OLIOSPEC
     住所:日本・東京
     通貨:日本円
     運送会社:クロネコヤマト など、到着まで2日ほど(追跡サービスあり)

    その他として、国際対応の運送会社は、DHLTNT があります。
    TNTは欧州からの荷物、DHLはアジアからの荷物が多かった気がします。
    個人輸入の参考情報でした。

    ・・・

    本題に戻して、本日は着弾した水冷パーツのご紹介です。

    >>写真多めですが、どうぞ!

    続きを読む >>
    3
    本格水冷 | 05:53 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

    水冷フッティングの試し運用・・・、円安時の個人輸入は不本意だが。

    こんにちは。
    kaiten-sushiです。
    今日は小粒な更新です。

    円安で水冷パーツの個人輸入を控えていましたが、円安、円安と嘆いたところで「ks'P-05」mod作業が何も進まないので、
    毎月少しずつでも水冷パーツを集めることにしました。
    円安での輸入は不本意ですが、毎月ちょっとずつであれば。いたしかたない。

    (ただし現在、庭のガーデニングと、AdobeRGB環境構築と、modPC作業がパラレルで動いていて、
     さらに 4月からの娘の幼稚園費、
     ここにきて 奥方の軽自動車購入という出費が続き、財政面が非常に厳しい (~_~;))

    今回はフッティングを購入しまして、試してみたかったこともやってみました。

    >>続きです。

    0
      本格水冷 | 05:56 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

      まな板PC「PC-T60A」水冷化!

      こんにちは。
      kaiten-sushiです。

      まな板PC「PC-T60A」の水冷化が完了しました。
      暑くなってきましたのでスカッと開放感あるPCに仕上ったかな。

      今回、まな板ケースで水冷化を行いましたが、PCケースの制約があまりなく(青天井で)とても作業しやすかったです。
      水冷パーツはメインPCのパーツを流用しています。

      参考までに以前の記事です。
      まな板 水冷PC「PC-T60A」5.2GHz 記念ベンチ♪(i7 2700k・GTX580)
      ブライン液(住宅床暖房用)を 水冷PCのクーラントへ利用!
      「Sandy 2700k」と「Maximus V Fomula」ゲット!
      まな板ケース LIAN-LI「PC-T60A」着弾!

      >>続きです

      1
      本格水冷 | 05:57 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |

      ブライン液(住宅床暖房用)を 水冷PCのクーラントへ利用!

      こんにちは。
      kaiten-sushiです。

      水冷PCのクーラントですが、小生は自作で不凍液(エチレングリコール or プロピレングリコール)と 製精水を希釈して作っています。
      安いので。

      自動車用のLLCでも割安感がありますが、LLCを使わない理由は色が初めから着色されているからです。
      安全上の理由から着色されています。

      今回は無色透明なクーラントがほしい。

      ・以前の記事:「Obsidian CC800DW mod 第二弾」クーラントも自作!(準備編)

      しかし探していると、住宅床暖房用のブライン液(不凍液)は無色透明 なるものがあるとわかり、今回購入してみました。
      ・容量…5リットル×1缶
      ・主成分…プロピレングリコール(PG)
      ・設定濃度…約35wt%(約−19℃対応)
      ・色相…無色透明

      5Lで2400円なので安いです。
      希釈率は、プロピレングリコールを35wt%です。
      エチレングリコールではなく、防食剤も入っていてかなり良い感じです。

      まな板の水冷PCに使ってみようかと。

      >>
      1
      本格水冷 | 06:14 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

      「ks'P-05」: CPU・VGA水冷化、水冷システム位置決め、通水テスト

      おはようございます。
      kaiten-sushiです。

      いや〜雪がすごくて、夏場より毎朝1時間はやく起きて、車を掘り起こすところから一日がスタートします。(^_^;)
      通勤もプラス1時間を見積もっておかないと確実に遅刻します・・・。
      つまりは、眠くて夜中の PCmod作業がはからないのです。
      気合いですな。

      ・・・

      さて、本日は「ks'P-05」について、次の作業を行います。
      ・CPU・VGAの水冷化
      ・水冷システムのは位置決め(まだ仮決め段階です)
      ・通水テスト(流水テスト)

      ここまで行いたいと思います。

      >>

      3
      本格水冷 | 06:08 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |

      「ks'P-05」 水冷パーツ着弾☆彡

      おはようございます。
      kaiten-sushiです。

      連休初日の朝です。
      昨夜は22時に寝たので、体調がすこぶる良いです。
      これから上の娘と、年賀状を出しに行き、ついでにラーメン屋さんに行ってこようと思います。
      正月休みって、GW、お盆などの長期休暇の中でも一番密度もある休みだと思うんですよね〜。
      楽しみます。

      ・・・

      さて、次のマシンの「ks'P-05」ですが、水冷パーツも着弾していました。
      本日は、水冷パーツのご紹介です。
      IMG_3879.jpg

      ・送料の関係で2回に分けました
      IMG_3882.jpg

      ・ドイツポンドが安いときに「Special Tech」さんより
       今は政権が変わって、ドル、ユーロ、ポンドともに高い(円安)なので買わないほうが良いかも。
      IMG_3883.jpg

      ・ドドーン
      IMG_3886.jpg

      >>

      2
      本格水冷 | 09:11 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |

      「ks'P-05」 Vengeance 「C70」 水冷ホール作り ほか

      こんばんは。
      kaiten-sushiです。

      先日の「「ks'P-05」 PCケース:Vengeance 「C70」 ミリタリーグリーン 着弾!」から、
      運良く天気がよかったので、水冷ホールとリザーバ用のネジ穴を作成しました。
      (このあと3時間後に大雪なりましたが・・・)

      久々に電動工具での切削作業です^^

      >>

      2
      本格水冷 | 23:53 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |

      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」リザーバ改善・クーラント入れ替え

      おはようございます。
      kaiten-sushiです。

      水冷の作業ですが、年末からの忙しさと 先日の出産が重なり、なかなか進行できずにお盆になってしまいました( ^ω^)・・・。

      下の子が生まれて、奥方と上の娘が実家に帰省しているのを利用して、いましかない! と思い立ち、長々と滞っていた水冷作業の再開です。(変換したら”再会”になった。これもある意味 間違っていないですが)


      さーてさて、前回までのおさらいです。
      以前 水冷作業に関して、2回の失敗をしちゃってます。

      ・1つ目が、クーラントの染色剤が「びゅっ」となって、必要量がなくなった・・・失敗
      ・2つ目が、リザーバの組立ミスで ポンプにエアが噛んでしまった・・・失敗

      本日は これらを改善します。


      ▼1つ目のおさらい
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」水冷作業(失敗編)
      > 以前、水冷作業のクーラントの作成にて、染色剤が「びゅっ」っと出て、半分くらいになっちゃいました。(´;ω;`)
      >
      >なかなか出てこないと思ったら、先端が固まっていたんです。
      >強く押したら、先端の栓が抜けた感じで勢いよく飛び出して行きました。(-_-;)
      >Blood red だけに、文字通り小生の手も血まみれ。

      DSCF6671.jpg

      DSCF6672.jpg


      ▼2つ目のおさらい
      > ・・・ただし、まだ問題が発覚
      > ・その、2系統目のエアーがいつになっても抜けません (´;ω;`)
      >  横にしても、振っても抜けません。
      >  エアーが抜けなければ、[箋兩能が悪いですし、▲ーラントの色合いも白っぽくなりますし、ポンプにも負担が掛かります。 デメリットばかりです。
      DSCF6685.jpg

      > そこで、リザーバのマニュアルと、小生の昔の記事を読み返しました。
      >
      > すると、リザーバのマニュアルに答えを発見!!
      >
      > ・マニュアルには、
      >  「ポンプ#2(2系統)を使用する場合に、オプションのパイプを利用すると、空気ろ過(エア抜き)を支援するのに役立つ」とある。なにー(’◇’)
      DSCF6119.jpg
      >
      > 原文は、このようにありました。
      >
      > [英文]
      > When using the upper reservoir inlet/outlet (corresponding with Pump #2) , > an optional bleed pipe is available to assist with air filtration.
      > This component can be left in place during operation and reduces the  difficulty of bleeding this reservoir for RP-402x2 and RP-452x2 products.
      >
      > [翻訳]
      > リザーバの入り口/出口(「ポンプ#2」に対応する)を使用する場合、オプションのパイプは空気を抜くのを支援するために利用可能です。
      > このコンポーネントは、組立て中にリザーバ内に設置し、RP-402x2およびRP-452x2製品のリザーバ内のエアーを抜く難しさを減少させます
      >
      > まさにコレ。(つд⊂)


      本日は、この2つの課題を改善します。

      ▼参考までに、mod 第二弾の進捗状況はこんな感じになっています♪
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」クーラントも自作!(準備編)
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」水冷作業(失敗編)
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」modスイッチ、ネオン管、LED設置
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ファンコン(ZM-MFC1 Combo)ケーブル自作、ケーブルマネジメント、LED自作・リザーバ設置
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」SATA集中電源スリーブ化・コネクタ加工、ケーブルマネジメント、VGAラジ・ネオン管設置
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ラジ設置、PCファン加工・設置、リザーバにポンプ取り付け
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ネオン管用 電源ケーブル自作♪
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」水冷ポンプ用 電源ケーブル自作♪
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」modスイッチの取り付け(途中)
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」フロントパネルLEDの交換♪
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」VGAラジエターと,ケース補強ステーの取り付け^^
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ジグソーでラジ穴あけ、その他加工♪

      >>続きです。
      2
      本格水冷 | 06:08 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |

      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」クーラントも自作!(準備編)

      おはようございます。
      kaiten-sushiです。

      年末の忙しさに加え、制作依頼PCが入ったりで、自分のPC の mod作業が遅れていました。
      少しだけ進捗しましたので、そのご報告です。

      以前、水冷作業のクーラントの作成にて、染色剤が「びゅっ」っと出て、半分くらいになっちゃいました。(´;ω;`)

      >なかなか出てこないと思ったら、先端が固まっていたんです。
      >強く押したら、先端の栓が抜けた感じで勢いよく飛び出して行きました。(-_-;)
      >Blood red だけに、文字通り小生の手も血まみれ。
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」水冷作業(失敗編)
      DSCF6671.jpg

      DSCF6672.jpg

      簡単に言うと、失敗しちゃったわけですが。
      クーラントもなくなっちゃいましたので、自分でクーラントを自作してもっと大量に作ります。

      いままでのクーラントは 出来合いの「ストレートタイプ」でしたが、
      今度は自分で添加剤と精製水を用意して、一定の割合で希釈して必要量を作りたいと思います。(「希釈タイプ」です)
      ただ「Blood Red」は、とっても良い色合いでしたので、この染色剤は再発注しました。

      本日は、その精製水と添加剤の準備までの内容です。

      ▼参考までに、mod 第二弾の進捗状況はこんな感じになっています♪
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」水冷作業(失敗編)
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」modスイッチ、ネオン管、LED設置
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ファンコン(ZM-MFC1 Combo)ケーブル自作、ケーブルマネジメント、LED自作・リザーバ設置
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」SATA集中電源スリーブ化・コネクタ加工、ケーブルマネジメント、VGAラジ・ネオン管設置
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ラジ設置、PCファン加工・設置、リザーバにポンプ取り付け
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ネオン管用 電源ケーブル自作♪
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」水冷ポンプ用 電源ケーブル自作♪
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」modスイッチの取り付け(途中)
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」フロントパネルLEDの交換♪
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」VGAラジエターと,ケース補強ステーの取り付け^^
      「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ジグソーでラジ穴あけ、その他加工♪

      >>続きです。

      0
        本格水冷 | 06:18 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」水冷作業(失敗編)

        おはようございます。
        kaiten-sushiです。

        6月からランニングを始めて、最近は寒くなってきたので 区が管理する体育館のランニングコースを走っています。体育館にはトレーニングルームもあって、各種マシーンも揃っています。
        ランニング後は脂肪が燃えやすくなっていますので、せっかくなのでそのマシーンを使って筋トレも始めてみました。いまは腹筋をSIXPACK(シックスパック)に割ることが目標です。いつになるかわかりませんが。(^^ゞ

        ・・・

        さて、ただいま mod 第二弾に着手しておりますが、本日から水冷の作業に移行します。

        作業としては、
        ・水冷作業
         単純ですな。


        ▼参考までに、mod 第二弾の進捗状況はこんな感じになっています♪
        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」modスイッチ、ネオン管、LED設置
        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ファンコン(ZM-MFC1 Combo)ケーブル自作、ケーブルマネジメント、LED自作・リザーバ設置
        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」SATA集中電源スリーブ化・コネクタ加工、ケーブルマネジメント、VGAラジ・ネオン管設置
        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ラジ設置、PCファン加工・設置、リザーバにポンプ取り付け
        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ネオン管用 電源ケーブル自作♪
        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」水冷ポンプ用 電源ケーブル自作♪
        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」modスイッチの取り付け(途中)
        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」フロントパネルLEDの交換♪
        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」VGAラジエターと,ケース補強ステーの取り付け^^
        「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ジグソーでラジ穴あけ、その他加工♪

        >>続きです

        続きを読む >>
        2
        本格水冷 | 06:15 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |