スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |
    << GTX260 にしました | main | オーバークロック時のBIOS設定値 >>

    Geforce9800 と GTX260 ベンチ比較

    ベンチは CINEBENCH R10 と 3DMark06 を使いました。
    CINEBENCH は GTX260 では負荷が軽く結果が読み取りにくいので、 3DMark06 の結果のみ載せることにします。

    PCパーツ構成
    ・CPU:C2D E8400
    ・マザー:P5K-E
    ・メモリ:PC2-6400

    ・比較対象グラボ:Geforce9800GTX と GTX260
    ・ベンチソフト:3DMark06
    ・CPU を 定格の3.0Ghz(FSB1333)と、オーバークロックした3.6Ghz(FSB1600)にて、それぞれのグラボを比較

    まずは、Geforce9800 です

    ▼Geforce9800GTX 定格
     3DMark Score: 12802
     SM2.0 Score:     6037
     SM3.0 Score:     6014
     CPU Score:        2767

    ▼Geforce9800GTX 3.6Ghz(FSB1600)オーバークロック
     3DMark Score: 13945
     SM2.0 Score:     6471
     SM3.0 Score:     6223
     CPU Score:        3307

    CPUをオーバークロックするとCPUスコアに比例してグラボのスコアも上がり、全体でスコアが約1100アップしています
    まだまだ現役で活躍できそうですね。

    続いて、GTX260です
    こちらは、スコアをキャプチャしたので画像も載せます。

    ▼GTX260 定格
     3DMark Score: 13762
     SM2.0 Score:     6424
     SM3.0 Score:     6875
     CPU Score:        2787
     

    GTX260は定格状態でありながら、オーバークロックしたGeforce9800 とスコアが並んでいます。

    ▼GTX260 3.6Ghz(FSB1600)オーバークロック
     3DMark Score: 15441
     SM2.0 Score:     7202
     SM3.0 Score:     7330
     CPU Score:        3339
     

    GTX260をオーバークロックすると、定格のスコアに比べ約1700もアップしています
    Geforce9800よりも伸びが顕著ですね。

    この結果からGeforce9800は、これ以上にオーバークロックしても頭打ちが想定されますが、GTX260はまだ余裕が感じられます
    4.5Ghz〜5.0Ghz までオーバークロックできれば、3DMark Score 「20000」越えも可能だと思われます。

    また、Biohazardのベンチでは「ランクS」を取りました。

    実際に 3Dアプリを動かしてみました

    ▼Geforce9800GTX 解像度1920×1200
    ・fallout 3 : 最高設定「Very High」でのプレイはできませんでした。「High」設定であれば fps(Frame Per Second)が 60〜80 くらいは出ますが、処理が重いところでは 60fps を下回ります。(プレイはできます)
    ・Call of Duty 4 : アンチエイリアスとスムーススモークのみOff、ほか最高設定でマルチをプレイしたところ、60〜80fps といったところでしょうか。人が多く、空爆支援などがあると 60fps を下回ります。スモークの中に入ると 20や30fps になりました。(プレイはできます)

    ▼GTX260 解像度1920×1200
    ・fallout 3 : 最高設定「Very High」でも fps(Frame Per Second)が 70〜100 出ます。
    ・Call of Duty 4 : アンチエイリアスとスムーススモークのみOffにし、ほかは全て最高設定でマルチをプレイしたところ、常時125fps 出ます。スモークが焚かれた煙の中に入っても fpsが60 を下回ることがありません。
    (どちらも快適にプレイできました)

    こんな感じでした。
    GTX260は、処理が重くなると底力を発揮してきます。これはメモリの差というより、やはりシェーダプロセッサ(SP)数が増えたことの効果が大きいのでしょう。(SP数:Geforce9800は128基、GTX260は216基)

    次は もう少し CPU をオーバークロックして、GTX260 のスコアを見てみたいと思います。
    今回の設定は、ベースFSB400、FSB1600、3.6Ghz でしたので、
    次回の設定は、ベースFSB450、FSB1800、4.05Ghz くらいまで上げて、スコアを見たいと思います。

    あと、Bios上での実際の電圧値なんかも載せようと思います。
    (CPU Voltage、DRAM Voltage、PCI Frequ など)

    それでは、またです

    0
      グラフィックボード | 06:48 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | 06:48 | - | - | - | - |
        Comment:
        Add a comment:









        Trackback:
        http://omoyde.jugem.jp/trackback/245
        Xbox fps / Xbox fps
        2009/08/26 11:44 AM
        Xbox fpsの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「Xbox fps」へ!