スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |
    << バレンタインデー^^ | main | 「ELSA GLADIAC GTX 580」検証&定格ベンチ♪(CPUのみOC) >>

    ELSA GLADIAC GTX 580 ウルトラハイエンドが我が家に☆彡

    こんばんはー。
    kaiten-sushiです。

    突然ですが、Geforce GTX580 が着弾いたしました!!

    小生が確保したグラボは、
    「ELSA GLADIAC GTX 580 1.5GB」
    になります
     エルザジャパン、純国産です。
     
    (国内で流通しているものです)

    現在はGTX660がGTX580と同等の性能です。
     

    なんと奇遇なことか!
    「りくんちゅ。パパ」さんも、小生と同時期にGTX580を購入されたようで (! ̄д ̄)えぇぇぇ、ウソー。
     → 「まさかの…EVGA GTX580
    「りくんちゅ。パパ」さんのブログ、はじめタイトルの「EVGA」の「E」字が見えた瞬間、メーカーまで小生と一緒なの!?と思いました!

    ・・・

    その、小生の自作コンセプトは、ハイエンドよりも一つ下なわけですが・・・。
     (以前の記事 → 「ハイエンドよりも一つ下をオーバークロック」)

    つまりは、高価なパーツは新米お父さんが手を出せるような品ではないのでありますが、この度、次のような諸処の事情があり、我が家にもウルトラハイエンドがやってきた次第です。

    >>続き

    ■事の発端は、二つありました。
    (話が長いかもしれませんので、ここはスルーでもおkです)

    ・自作PCの制作依頼
     最近、自作PCの制作依頼が立て続けにあり(今現在も一つ抱えています)、依頼者は始めは「オンボードグラフィックでいいやっ」と頑張っているのですが、次第に3D系ベンチや、小生のPCを眺めるていると?「・・・やっぱグラボが欲しい」と言い出すようになるのです。
     そうなるとグラボの選定作業を承ってあげるわけですが、今現在、コストパフォーマンスが高いグラボは、40nmの第1世代。RADEON でいうと58xx系、NvidiaでいうとGTX460になります。
     ワットパフォーマンスも考えた場合、HD5850が良いんでない?と思うのですが、世間では既に68XX,69xxに置き換えられ、HD5850は軒並み店頭在庫のみとなっております。
     当然みなさんも、前世代の”値下げのオイシイところ”は知っているわけで、既に目当てのお安いHD5850の15k円在庫は売り切れ、18k円〜21k円在庫が残っている始末。
     悩んでいる依頼者の姿に心を打たれ・・・(しょうがねぇなぁと)、小生の手持ちのHD5850を格安でお嫁に出すことに到った訳です。(「Sapphire TOXIC Radeon HD5850」「GABYTE GV-R585OC-1G」CrossFireしてました。とても良いグラボで外観もピカピカなので、かなり喜んでいました)

    ・翻って、小生のグラボどうするの?
     そうなると小生のメインPCからグラボがなくなるわけで。
     二人のお嫁(HD5850)から得た軍資金を手に、楽しい妄想のひと時が始まりました・・・。

     「また Radeon系にすっかな? でもサブPCにHD6850を使ってるし。
      いままでもHD5850だし・・・
      どうせならGeforceに戻ってみるか。GTX570か? GTX560Tiは? それのSLI?
      いやいや、高性能なグラボ一枚で、GTX580がいいんじゃない?
      それだと、今までのHD5850CFXに勝てないジャン!
      ・・・いや、そもそもHD5850CFXにシングルGPUで勝てるグラボ存在しないし。
      やっぱ、CUDAのエンコとか、nvidia 3d surround(立体視)もしてみたいし。
      んん、そういや「週間アスキー増刊 グラボ対決 鉄板パーツガイド」にも載ってたな(りくパパさん御名答)。
      よし決めた!
      発熱も抑えられて、性能もアップした、フェルミ GF110こと GTX580にしよっ!!」

    という経緯があり、シングル最強、GXT580に決定したわけです!
    (ハイエンドというのは、実は以前に「GeForce 9800GTX(LeadTech製)」という、これまた熱くて電気食いのグラボを使っていたたことがあります。
     あと最近では、GTX260(これまたLeadTech製)も使ってましたね)

    なぜELSAなの?
    と思うかもしれませんが、特別にELSAを狙っていたわけではないんです。
    (ELSAは品質管理が厳しく、保証も2年も付いてくるのが特徴ですかね)

    小生のマザーは、EVGAですので、
     (マザー:「EVGA USB/SATA 3.0 X58 FTW3 132-GT-E768
           )

    同じEVGAの「EVGA GeForce GTX 580 Superclocked」あたりが良いかなぁ、と思っていたのです。

    しかし、なんでも市場に流通しているGTX580は玉数が少ないとのことで、たまたま店頭在庫に1つだけ残っていた「ELSA GLADIAC GTX 580 」に何かの縁を感じ、我が家に新しい嫁を迎えたわけです。(強すぎて強妻?恐妻?にもなりそうですが(^^))

    ・・・すみません。
       前置きが大変長くなりました。


    それでは、製品の紹介です。

    ■ELSA GLADIAC GTX 580 仕様です
    「ELSA GLADIAC GTX 580 1.5GB」
     
    (市場に流通しているGTX580を載せています)


    ●ELSA GLADIAC GTX 580はDirectX 11に対応したNVIDIA GeForce GTX 580グラフィックスプロセッサを搭載。512基のCUDAコアを実装し、従来のGPUと比較してジオメトリパフォーマンスが大幅に高速化。大型2スロットサイズの高性能ファンと、超高速駆動するGDDR5メモリを1.5GB搭載した次世代のウルトラハイエンドグラフィックスボードです。
    ●コアクロック:772MHz
    ●プロセッサクロック:1544MHz
    ●メモリ:1.5GB GDDR5 SDRAM 384bitメモリバンドインターフェース
    ●メモリクロック:2000MHz (4000MHzデータレート)
    ●バス:PCI-Express x16 (PCI-Express 2.0 x16対応)※PCI-Express 2.0以前のバスで利用された場合バス帯域幅が2.5Gbpsとなります。
    ●コネクタ:DVI-I × 2(デュアルリンク・HDCPサポート)/Mini-HDMI × 1
    ●対応OS:Windows XP (32bit / 64bit)/Windows Vista (32bit / 64bit)/Windows 7 (32bit / 64bit)*最新のService Packを適用する必要があります。
    ●外形寸法:267mm x 111mm x 37mm (2スロット占有)
    ●必要電源容量◇最小:定格出力600W以上の出力が可能な電源。◇推奨:定格出力650W以上の出力が可能な電源。※この製品の動作にはPCI-E8ピン補助電源×1 + PCI-E 6ピン補助電源×1を標準搭載した電源ユニットが必要です。80PLUS認証電源を推奨。

    んん、いいですねぇ。
    ・第二世代フェルミ「GF110」。
    ・第一世代のGTX480よりも、DirectX 11もさることながら、DirectX 10 や 9 も強化。
    ・SP数(CUDA数)、フルスペックのの512基。
    ・ガスでしっかり冷えるヴェイパーチャンバー、と同時に静音性も実現。
    ・電源フェーズ数は 6(GTX570は4)
    ・個体コンデンサから、タンタルコンデンサに強化
    ・ディスプレイ側も120Hz(120コマ)きっちり表示的できる デュアルリンク DVIです。
    サイコーです(^^)


    そして、小生のメインPCのお供、「ELSA GLADIAC GTX 580」の実物写真です。

    「ELSA GLADIAC GTX 580」の紹介です

    ・ものすごく高級感を感じました
    DSCF4177.jpg

    ・ELSAジャパンだけあって、全部日本語です
     ほんとに全部なのです。自作パーツでは珍しいと感じます。
    DSCF4178.jpg

    ・512コア
     ココです。前世代では実現し得なかったフルスペック。
     (手ぶれすみません)
    DSCF4179.jpg

    DSCF4181.jpg

    ・内容物です
     ドライバCDって使ったことないのですが、一番安定したバージョンが入っているのでしょうね。
    DSCF4183.jpg

    DSCF4184.jpg

    ・マニュアルが全部日本語なのです
     母国語は英語と違って、ラグなく脳内に浸透します。
    DSCF4185.jpg

    ・とてもわかりやすいです^^
     小生、こういうPCパーツを取りつける前に、マニュアルなど読んで、PCパーツを付けるのをあえて遅らせる時間が好きです(焦らす感じ)。
    DSCF4186.jpg

    ・グラボ「ELSA GLADIAC GTX 580」本体です
    DSCF4187.jpg

    ・高級すぎます
     思わず静電気防止手袋を使って取り出してしまいました。(鑑定団みたいです)
     スゲー!
    DSCF4188.jpg

    ・裏の基盤部分です
     見るからにGPUとかメモリとか耐性高そうです。
    DSCF4189.jpg

    ・補助電源側です
     補助電源は、PCI-Eの8ピンと、6ピンを使用します。
     公称最大消費電力は244Wと、前世代の480よりも6W少なくなっていますが、どうでしょうね。(実際は「消費電力増えた」という声が大きいようですが)
    DSCF4191.jpg

    ・外部出力部分です
     コネクタ:DVI-I × 2(デュアルリンク・HDCPサポート)、Mini-HDMI × 1 となっております。
     コネクタはRadeonが優勢ですかね。
     Radeon 69xxでは、マルチディスプレイ構築が1枚のカードから最大6台です。
     Nvidia 580は、ディスプレイは3台までですね。
     しかし、Nvidiaは先に述べた Nvidia 3d surround(立体視)ができる強みがあります。
    DSCF4193.jpg

    ・外形寸法
     267mm x 111mm x 37mm (2スロット占有)になります
    DSCF4196.jpg

    ・・・

    ・嬉しいので、ちょっとした「ELSA GLADIAC GTX 580」ギャラリーです
    DSCF4197.jpg

    ・剛性が強いです
     今までのグラボみたくフレックス(たわみ)が出ないです(ペラくらない)。
     とても剛性が強く、まるで「絵描き箱(仮称)」みたいです。
    DSCF4198.jpg

    DSCF4199.jpg

    ・3SLI イケますね
    DSCF4200.jpg

    ・PCI-E 接続部分
    DSCF4201.jpg

    ・澄みわたる優雅さがあります
     美しい・・・
    DSCF4202.jpg

    前述に
    「こういうPCパーツを取りつける前に、マニュアルなど読んで、PCパーツを付けるのをあえて遅らせる時間が好きです(焦らす感じ)」と、書きましたが、
    あまり余韻に浸っていてもPCが完成しないのでここら辺で現実に。(・・;)

    ・・・では、取り付け作業に移ります。

    ・今までのHD5850CFXを外します
    DSCF4194.jpg

    「ELSA GLADIAC GTX 580」装着しました!
    DSCF4203.jpg

    ・拡大
    DSCF4204.jpg

    「ELSA GLADIAC GTX 580」に温度センサーを二つ付けます
     温度はPCのヘルスメーターですからね。
     GPU部分と、メモリ部分、しっかりと管理しますよ。
     (この温度センサーは、ファンコン「NZXT SENTRY LXE」(外付け)から伸びています
       iconicon   )
    DSCF4205.jpg

    ・こんな感じでしょうかね
    DSCF4206.jpg

    ・よし、取り付けました!
    DSCF4207.jpg

    DSCF4208.jpg

    DSCF4209.jpg


    ・そして、電源おーん!
    DSCF4210.jpg

    ・引き締まりますねぇ
    DSCF4211.jpg

    ・下からも
    DSCF4212.jpg


    ・アクリルパネルを閉めてみました

    DSCF4213.jpg

    ・いいです
    DSCF4214.jpg

    ・強そうです
    DSCF4215.jpg

    ・PCケース:「Corsair Obsidian 800D」のブラックとマッチします
    DSCF4216.jpg

    ・ただ今のGPU温度32℃、メモリ温度28℃となっております(・∀)ノ
    DSCF4217.jpg


    ・・・完成しましたので、
       簡単にベンチ回してみました(正確なスコアは次回に)。

    ・FF14ベンチの風景
    DSCF4218.jpg

    FF14ベンチ、ヌルヌル動いてます!
    (ぱっと見、スコアはHD5850x2CFXの方が高かったです)

    ・・・

    ということで、我が家にもウルトラハイエンドGPUがやってきました。

    「ELSA GLADIAC GTX 580 1.5GB (GD580-15GERX)」
     

    ・現在はGTX660がGTX580と同等の性能です。
     

    実に3年ぶりの最速GPUですのでドキドキものです。
    良い物を持っていると、その良さだけで所有欲が満たされます♪

    まず、シャーシの「しっかりとした剛性と丁寧な作り」に好感が持てました。
    ELSAジャパンが好きな人が多いことに納得です。

    また大抵の場合、冷却性能と静音性はトレードオフの関係ですが、このGTX580ではその両輪を実現しています。

    GPUの耐性も高いと聞きますので、どのくらいの伸びしろがあるのかも非常に興味があります。

    今回は簡単な紹介でしたが、
     → 次回は3D系のベンチを回して、その3D系のスコアやGPUの耐性などを見てみたいと思います。

    乞うご期待 ♪

    ・参考までに現在のメインPCのパーツ構成はこちら ↓
     「メインPCの構成 (ハイパワー i7機)

    ではでは、またです。(^^)ノ

    [  閲 覧していただき ありがとうございます。
     ポチっと よろしくお願いいたします  ]
     人気ブログランキングへ
    0
      グラフィックボード | 20:00 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | 20:00 | - | - | - | - |
        Comment:
        2011/02/18 8:10 PM, りくんちゅ。パパ wrote:
        ホントにシンクロしちゃいましたねwww
        ELSAさんでしたか〜。
        ボクはELSAさんに嫌われているようなので(爆)
        スッキリスマートなイケ面ですね♪
        そういやボクが手にしたELSAさんの(どうしても認識しなかった)GTX460は、取り付けるとロゴがさかさまになっちゃうというお茶目な部分がありましたが、修正されたようですね。

        「こういうPCパーツを取りつける前に、マニュアルなど読んで、PCパーツを付けるのをあえて遅らせる時間が好きです(焦らす感じ)」
        わかります、ボクも同じです(爆)
        2011/02/18 9:30 PM, kaiten-sushi wrote:
        こんばんは、りくんちゅ。パパさん。

        いや〜、りくパパさんのブログを拝見したときに、自分が書いたの?って錯覚にとらわれるほどでした(^^;)

        > わかります、ボクも同じです(爆)
        やっぱりそうなっちゃいますぅ?

        なんか取り付けちゃうと新品じゃなくなってしまうようで、お店の展示品だった頃と自分の所有物になる中間の位置が新鮮で好きなんですね。デザートは最後まで取っておく感じにもまた似てます。
        2011/02/18 9:32 PM, ブル wrote:
        うわぁああああ!
        パパさんもkaiten-sushiさんも580!
        おいらの周りのAMD使用者がどんどん減っていきます。しかも見事なシンクロっぷり。

        ちなみにおいらも焦らし派です。
        開封>見る>読む>飾って眺める(爆<装着

        って感じですね。たまに飾ったままになってしまうものもありますが・・・・。
        580のSLIをちょっと考えた事もあるんですが、排熱考えると水冷になっちゃうんで
        おいらはまだしばらくは5870CFXのまま逝こうと思っています。
        2011/02/18 9:46 PM, kaiten-sushi wrote:
        こんばんは、ブルさん。

        いきなし、GTX580 & Geforceに返り咲き、乱れ雪月花(イミフ)です。
        しかもりくパパさんと・・・

        その「焦らし派」って言葉、とても好きです。
        ぜひ流行らせましょう!

        ※あっそうそう、近々メアドが変わりますので、またご連絡しますね♪
        2011/02/20 10:47 AM, ブル wrote:
        メアド了解致しました〜^^ノ

        私も200番台の頃はNvidiaユーザーでした。
        280,285,295と使ってHDシリーズに乗り換えたのですが発熱の低さに感動して落ち着いた感じです。まぁまたNvidia使いに戻るかもですが・・・。

        焦らし派。

        いい言葉です。私の場合購入前の段階から夢に見るほど焦らします(爆

        内容としては
        1.装着時の性能を夢想。
        2.眺める。とりあえず新品状態を画像に。
        3.バラしても問題ないものはパーツ構成
          までバラしてみる。
        4.その上で改善できそうな箇所はちょっと
          いじくってみたり。

        グラボなんかは大抵一度クーラーをはずして
        センサーを温度が正確に録れそうな場所につけてしまったりもします。
        今は4ピンのファン延長を加工して2又にかえて5870に2箇所ずつセンサーを隠していたりします。
        ですが、肝心のファンコンの液晶が大分焼けてきたのでそろそろ新しいファンコンを導入したいデス。
        Add a comment:









        Trackback:
        http://omoyde.jugem.jp/trackback/592