スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |
    << 「ELSA GLADIAC GTX 580」オーバークロックしてベンチ・・・がしかし | main | 週間アスキー 超激安 AMDでPC自作 >>

    ネイティブ120Hz駆動「LG W2363D-PF」モニタ、フルHD以外の検証

    こんばんは。
    kaiten-sushiです。

    ネイティブ120Hz駆動「LG W2363D-PF」モニタに関して、閲覧者さんより質問がありましたので検証してみました。

     ・以前の記事:「ネイティブ120Hz駆動「LG W2363D-PF」モニタ、着弾!

    質問の内容は、次になります。

     Q.「1280x1024もしくは1280x960のフル画面にて、120Hz駆動可能か?

    ということでした。

    簡単に検証してみましたので、ご確認ください^^

    >>続きです

    ■小生の検証した環境

     「メインPCの構成 (ハイパワー i7機)」にありますように、グラフィックボードがGTX580、ドライバのバージョンは 266.58になります。
     ※特にグラフィックボードとドライバのバージョンによって動作が異なる可能性があることはご了承ください

     また、ご指定のゲームにて検証を行うためには無料といえどユーザ登録が発生するようでしたので、今回はファイナルファンタジー14と CoD:BlackOPS にて検証させていただきます。その点はご容赦ください。


    ■では、何をもって120Hz駆動とするのか?

     まず、何を持って120Hz駆動をしているか?ということですが、この3つを持って120Hz駆動をしていると判断します。

    ・ディスプレイ右上に表示されるOSDより、120Hz駆動の表示がされていること
    ・グラフィックボードのドライバから、120Hz駆動が選択できること
    ・目視にて、120Hz駆動が他の60Hz駆動などと違いがあることがわかること

    とします。(^_^;)


    ■それでは検証に移ります

    ▼検証の一つ目

    ・ディスプレイドライバ:1920 x 1080(ネイティブ)
     

    ・ゲーム設定:1280 x 1024、ウィンドウモード
     

    ・結果、120Hz出ていました。OKです
     


    ▼検証の二つ目

    ・ディスプレイドライバ:1920 x 1080(ネイティブ)
     および、
    ・ディスプレイドライバ:1280 x 1024

    ・ゲーム設定:1280 x 1024、フルスクリーンモード
     

    ・結果、120Hz出ていました! OKです
     (ディスプレイドライバを1280 x 1024にしていても、OSDには「1920x1080 120Hz」表示されてます)
     


    ▼検証の三つ目

    ・ディスプレイドライバ:1920 x 1080(ネイティブ)
     および、
    ・ディスプレイドライバ:1280 x 1024

    ・ゲーム設定:1280 x 1024、フルスクリーンモード
     

    ・結果、120Hz出ていました! OKです
     (ディスプレイドライバを1280 x 1024にしても、OSDには「1920x1080 120Hz」表示されてます)
     

    ・・・

    ▼その他、いろいろと試してみたのですが

    ・どうもグラフィックボードのドライバから、「PC」項目の解像度を変更した場合では、120Hz駆動が可能のようでした。
     

     

     

     右上のOSDも120Hz駆動となっています。
     


    ・しかし、グラフィックボードのドライバから、「HD、SD」項目の解像度を変更した場合では、60Hz駆動に固定されてしまいました。
     
     
     右上のOSDも60Hzに固定されてしまっています。
     


    ・これは解像度をWindows側から設定する方法である、右クリックのコンテキストメニューから、「画面の解像度」を選択しても 60Hzに固定されてしまいました。
     前述の「HD、SD」項目の解像度を変更した場合と同じ結果になるようです。

     

    → つまりは、120Hz駆動を出したい場合の設定変更するためには、「NVIDAコントロールパネル」から、前述の「PC」項目の解像度を変更する必要があります。

    そして、質問に対する回答です。

    Q.「1280x1024もしくは1280x960のフル画面にて、120Hz駆動可能か?

    A.「前述の条件において、NVIDIAコントロールパネルの「PC」項目に用意されている解像度では、どの解像度でも120Hz駆動可能であった」

    いうことになりますね。

    ・・・

    今回、小生もいろいろと設定を変更して勉強させていただきました。
    まだまだ知らないことがありそうです。

    簡単な120Hz駆動の検証でした。(^^)ノ
    何かありましたら、またお願いします。

    ではでは。

    [  閲 覧していただき ありがとうございます。
     ポチっと よろしくお願いいたします  ]
     人気ブログランキングへ
    1
    液晶ディスプレイ | 00:15 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |

    スポンサーサイト

    0
      - | 00:15 | - | - | - | - |
      Comment:
      2011/03/07 11:37 AM, あの wrote:
      検証有難うございました。
      1280 x 1024にすると・・少し画面小さく
      なるんですね
      大変気になったんですけど
      真・三國無双 Onlineの結果が見たかったのでちょと心残りでした。

      でも有難うございました。
      本当に、参考になりました。m(_ _)m
      でもあたしのXL2410Tではフル画面で
      真・三國無双 Onlineが1280 x 1024 120Hz
      で動作してるんですけど、何か以前のL226WTQと比べると少しフレーム如何しても落ちてる様に見えて、w2363d-pfの方が良かったかなと思いました。
      真・三國無双 Onlineだけ重く感じるのは
      グラフイック.エンジンのせいかなとも思ってます><

      2011/03/07 2:07 PM, kaiten-sushi wrote:
      こんにちは。
      (あのさんでよろしいでしょうか)

      参考になったようで何よりです。

      > で動作してるんですけど、何か以前のL226WTQと比べると少しフレーム如何しても落ちてる様に見えて、w2363d-pfの方が良かったかなと思いました。

      ・小生も、最近「XL2410T」のスペックやレビューやら読んで「XL2410T」が良いのかな、なんて思ってました。
      ないものねだりなのでしょうかね^^

      ・4GAMEによると、チラつきと遅延はほぼ同じとのことでした。
      http://www.4gamer.net/games/038/G003884/20101221089/

      ・小生とあのさん、お互いのニーズさえ合えば「W2363D-PF」と「XL2410T」を交換してもよろしいかと。

      ではではまたです。
      2011/05/02 7:37 PM, あの.. wrote:
      こんにちはkaiten-sushiさん久しぶりです。
      あれからなんですが..例のBenQの「XL2410T」なのですが真・三國無双 Online
      をプレイしたらスルーモードでなく
      やたらにキャラがスローで走るスローモードになりました、設定戻しても逝きまくりになり嫌になりました。

      プロゲーマーの2人に頼んで開発と有りますが...何を吹き込まれたのか知らないですけど性能最悪でした、オマケに後ろのネジが緩んでたので初期不良で交換してもらいました。
      ※教訓ゲーミングモニター開発担当者が
      本当に開発力有るならゲーマーに頼むべきで
      ないと思う

      次に交換してもらったE2370Vですが3D
      ベンチでスルーオンにしないと少しノイズが出る症状と銀のふち部分にスリ傷有ったのでこれも交換で、結局はLG W2363D-PFにしました所これが一番良い結果に(ー_−::
      結局ゲーム側が対応すれば120Hzでフルスクリーンでも動作すると言う事です。
      今1280x800 120Hzで動作してます。

      kaiten-sushiさんに交換どうとかあれそのまま交換してたら何だこれは あ盆:あii
      と...なってたかもです><
      2011/05/03 9:50 PM, kaiten-sushi wrote:
      こんばんは、あの..さん。
      こちらこそお久しぶりです^^

      そうなんですか!?
      「XL2410T」はゲーマーには、特にFPSを好む人には打ってつけのディスプレイかと思っておりました。
      以前、小生のブログで「週間アスキー」の記事を取り上げましたが、このディスプレイが一番評価が高かったのですが、やはり週間アスキーは偏りがあるのかもしれませんね。4gameではほぼ同じの性能とありますから。
      以前の記事120Hz駆動 ディスプレー↓
      http://omoyde.jugem.jp/?eid=600

      > やたらにキャラがスローで走るスローモードになりました、設定戻しても逝きまくりになり嫌になりました。
      これちょっと受けました・・・

      >本当に開発力有るならゲーマーに頼むべきで
      まぁ協力開発ということですので。そういうこともあるんでしょうかねぇ。
      そういえば小生、以前 三菱のハイエンド?VISEOのディスプレイを使っていましたが、いまゲーマー向けのディスプレイを使ってみると、三菱はいかにも「電気屋さんが作ったディスプレイ」という感じがします。

      >ベンチでスルーオンにしないと少しノイズが出る症状と銀のふち部分にスリ傷有った
      それはそれは、初期不良の嵐だったようで、大変なご苦労があったようですね。小生も初期不良は数えたらキリがないですが、PCケース、グラボ、ファンコン、マザーなど多岐にわたります・・・(^_^;)


      >結局ゲーム側が対応すれば120Hzでフルスクリーンでも動作すると言う事です。
      >今1280x800 120Hzで動作してます。
      これ、よかったですね!
      この質問いただいていましたもんね。
      やっぱり自分がプレイするゲームが120Hz動作したときの感動といったら、別ゲーに感じますよね♪

      >kaiten-sushiさんに交換どうとかあれそのまま交換してたら何だこれは あ盆:あii
      と...なってたかもです><
      ・・・確かに (^^ゞ
      そのように正直に言ってくださるあの..さん、とても良い人柄なのだと思いました。。。

      ところで、まったくカンケーないですが、あの..さん、coneco.netのレビューアさんですか?
      なにか小生がよく読んでいたレビューアさんに「あの..」を多用する方がいらっしゃったので ^^
      カンケーないのでしたら、スルーでokです。
      2011/05/09 7:24 PM, あの.. wrote:
      いいえ「LG W2363D-PF」モニターにて前回で
      説明貰えた「あの..」です、今回はその後の結果報告です。

      でも今度はメモリ「SMD-8G68HP-13H-D」
      がOCテストしてたら逝きましたちょと
      三回テストしただけなのに壊れ良いんですねメモリ...~~~~ Ω\ζ°)チ-ン

      症状前回エクスペリ7.8→7.5に
      OC後何度戻しても元に戻らなくなりました。
      変な壊れ方です><

      ※ヒートスプレッタ無い為、熱呆症になった
      可能性が人で言う所病気で脳が高熱になりそのまま逝ってしまい
      パーになってしまう現象です(_ _|||)

      ※やはり何回かOCするなら、OC用のメモリで
      試す事と言う事です。
      今回の教訓になりました。
      今「F3-17000CL9D-4GBXL」を2133Hzで常用
      出来てます。
      で今回サンマックと言う高品質と言う事も有り、一度外したメモリOC耐久有るのか三回試して再起動するので再設定繰り返してたら壊れてしまいました。

      2011/05/09 10:14 PM, kaiten-sushi wrote:
      こんばんは、あの...さん。どうもです!
      サンマックスとG.SKILLのメモリ行かれたのですね。さすがです^^
      検証中に壊れてしまって残念です。

      >今「F3-17000CL9D-4GBXL」を2133Hzで常用
      2133MHz、良いですね♪

      小生の「G.Skill F3-12800CL6T-6GBPI (DDR3-1600 CL6 2GB×3)」のOC耐性ですが、電圧1.65Vでメモリクロック2000MHzのときにレイテンシ「8、10、8、22、88、1T」にて負荷テスト完走、またメモリクロック1910MHzのときにレイテンシ「7、9、7、22、88、1T」にて負荷テスト完走しています。
      2000MHzのときにレイテンシを「8、9、8、22、88、1T」にするとエラーを吐きます。これはチップPSC製のtRCD耐性の特性ですね。

      サンマックスのハイパーなチップでは(もう売っていませんが)、低レイテンシを実現できたんですがねぇ。
      Add a comment:









      Trackback:
      トラックバック機能は終了しました。