スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |
    << 奥方・娘 PC・・・スペック不足でカクカク。 | main | 「ネット対戦用ルータ・OS設定」の記事を更新しました >>

    「ELSA GLADIAC GTX 580」990MHz!3DMark Vantage&FF14 ベンチ完走!!

    おはようございます。
    kaiten-sushiです。

    前回の経験を踏まえて、

    今回、ある程度の満足する結果が得られました!


    前回(970MHz)よりも高い GPUクロックにて、次のベンチを完走しました☆彡
    ・3DMark Vantage (DirectX10)
    ・ファイナルファンタジー14 (DirectX9)

    前回のおさらいですが、ベンチを走たところこのような状況に陥りました。
    ・前回の記事「「ELSA GLADIAC GTX 580」オーバークロックしてベンチ・・・がしかし
    >クロック数に対する電圧値に余裕があっても、電圧がリミットである「1.163V」
    >(もしくは「1.150V」)を超えようとすると(300W*を超えようとすると)
    >電圧を下げにかかり、結果 画面がブラックアウトしOSがシャットダウンしてしまいます。

    今回もベンチを試したところ、この認識は間違っていなかったようで、
    要は「規格上の300W超えない範囲において、どこまで電圧とクロックを高められるか(限界点を見つけることができるか否か)」が、カギになってくるということがわかりました。

    ・前回のオーバークロックの記事はこちら
     →「「ELSA GLADIAC GTX 580」オーバークロックしてベンチ・・・がしかし

    ・2回前の定格ベンチの記事はこちら
     →「「ELSA GLADIAC GTX 580」検証&定格ベンチ♪(CPUのみOC)

    ・3回前のグラボが着弾した記事はこちら。
     →「ELSA GLADIAC GTX 580 ウルトラハイエンドが我が家に☆彡

    >>続きです。

    検証中のグラボです

    「ELSA GLADIAC GTX 580 1.5GB (GD580-15GERX)」
       
    (市場に流通しているものです)

    ■今回の設定値は、


    ・マザー(CPU)の
    BIOS設定値 および、グラボの BIOS設定値 は変更していません
    (特にマザーのBIOS設定値は、以前から最適な設定を出したものを使用していますので、今回は特別な変更はしていません)

     BIOSの設定値 いじっていません
     「4.0GHz」
    用のプロファイルです
     
     (クリックにて拡大)

     グラボの電圧 前回と同様
     3Dソフト使用時に電圧が「1.163v」になります
     


    ・前回の記事にて触れたハードウェアリミッターも解除していません

     > 次回は(前述に述べた)、個人的にイマイチ腑に落ちない、
     > 電圧監視のハードウェア的なリミッターの解除(クラックGPU-Zを使って)など、
     > そのあたりを調べてみたいと思います。(危なければしませんがね)


    ・変更したのはずばり、グラボの冷却面 です!

     今回は、おもいっきりグラボの冷却を強化しました。
     PCに付属しているPCファンを最大回転数にして、かつグラボの熱風を効率よく拾って、熱を持った空気をよどませないようにして循環させます。
     効率よく冷却するためには、PC内部だけでなく、部屋全体の空気の循環も気を付けなければなりません。

     そこで活躍したのが夏場に購入した「サーキュレーター」です!
     → 以前の記事「PC部屋の空気循環、サーキュレーター入れました

    > いくら水冷PCといえど、PCに熱が溜まってしまうと冷却性能が低下してしまいます。
    > サーキュレーターは、部屋の四隅のよどんだ空気を循環させる効果があります。
    > 扇風機は近くの空気をかき混ぜるだけであって、全体の空気を循環させる風力はありません。
    > サーキュレーターは、直進性のあるファンによって空気を循環させることができるのです。

    これでベンチ中でも、GPUの温度が70度を上回ることがありませんでした!
    この環境にてベンチです!


    ■今回のベンチのレギュレーションです

    ▼グラフィックボード

    ・電圧「1.163v」に昇圧
     

     (上のハードコピーと同様です)

    ・GPUクロック「980MHz」にオーバークロック

     (前回は「970MHz」まで完走しましたので、今回は「980MHz」からスタート)

    ・GPUのファン回転数は、最大の「96%」に固定
     (前回よりも回転数を上げています。かなりウルサイです)


    ▼CPUは、4.0GHz と 4.3GHz にてベンチを走らせました
     
    (「4.4GHz」では、CPUは問題ないのですが、グラボ側が完走しない時があったため「4.3GHz」にて実施)

    ・CPU(マザー)の BIOS上の倍率や電圧などの設定値はこちら

     - 「4.0GHz」用のプロファイルです
      
     (クリックにて拡大)

     - 「4.3GHz」用のプロファイルです
      

    ・メモリクロック:1600MHzと、1680MHz
     メモリモジュールのレイテンシ:8、9、8、24、88、1T
     (CL,tRCD,tRP,tRAS,fRFC,CR)
     


    ▼ベンチの種類は、前回同様 次の2つとなります

     ・3D Mark Vantage(DirectX10)
      「パフォーマンス」設定

     ・ファイナルファンタジー14 ベンチ(DirectX9)
      「High」設定


    ▼室温、湿度

     ・室温:17℃
      (かつ、サーキュレーター装備! かなり寒いです〜 (-_-;) )

     ・湿度:40%〜30%

    ・・・

    それでは、お楽しみのベンチに参りましょう。

    ■3DMark Vantage(Dx10)電圧「1.163v」
     
    GPUクロック「980MHz」
     
     標準のGPUクロック「772MHz」から「980MHz」にOCします!
     前回は「970MHz」から無念のリタイヤでした。 (~_~;)
     今回はどこまで伸びますでしょうか!?
     では、いきます!

    ▼設定はパフォーマンスです
     

    スコア
     

     

     →「980MHz」完走しました!!
       やったー♪

     - 3DMark Score:34517
     - Graphics Score:29643
     - CPU Score:68122

     スコアよりも、「完走したこと」に意味があります。
     ここまで長かったー。
     やりました!(^−^)|
     やっぱり冷却の効果が高いようです。

    ▼GPUの温度とGPUの使用率
     
     GPU温度も最高67℃と、冷え冷えです。


    つぎ、GPUクロック「990MHz」行ってみましょう^^
    ついでに、メモリクロックも「2300MHz」へ。
    完走するかな??

    ■3DMark Vantage(Dx10)電圧「1.163v」
     
    GPUクロック「990MHz」、メモリクロック「2300MHz

    ・GPUクロックを標準の「772MHz」から、さらに「990MHz」へOCします!

    ・標準のメモリクロック「2004MHz」から、さらに「2300MHz」にOCします! 
     
    ・Vantageの描画設定は、前述と同様に「パフォーマンス」です

     完走するでしょうか??

    ▼気になるベンチのスコア
     


     

     →「990MHz」「2300MHz」も完走!!!

       おどろきましたっ!

     - 3DMark Score:35455
     - Graphics Score:30587
     - CPU Score:68587

     990MHz・2300MHzも完走です。
     やりました(^−^)
     どこまで行くんでしょうね。

    ▼GPUの温度とGPUの使用率
     
     なぜか温度は先ほどよりも低く、最高64℃です。
     (体も冷えます。正直、ベンチ中さむいです〜)

    ・・・そして、ベンチを続けましたが、

    ※メモリクロック「2400MHz」では完走しませんでした

    ※また、GPUクロックが「1000MHz」でも完走しませんでした

    原因としては、GPU温度も低いですから、おそらく前回の状況↓になった可能性が高いです。しかし、今のところ判断が付きません。

    ・前回の状況
    >クロック数に対する電圧値に余裕があっても、電圧がリミットである「1.163V」
    >(もしくは「1.150V」)を超えようとすると(300W*を超えようとすると)
    >電圧を下げにかかり、結果 画面がブラックアウトしOSがシャットダウンしてしまいます。
    「ELSA GLADIAC GTX 580」オーバークロックしてベンチ・・・がしかし

    今回はさらなる電圧の昇圧は行いませんので、次回はこの辺も試してみたいです。

    ・・・

    次、行ける所まで行ってみましょう!ってことで、
    GPUクロック「990MHz」「2300MHz」時のグラボの設定が出ましたので、CPUを「4.3GHz」にオーバークロックしてベンチ回してみます!

    ■3DMark Vantage(Dx10)電圧「1.163v」
     
    GPUクロック「990MHz」、メモリクロック「2300MHz
     CPUクロック「4.3GHz」

    ・GPUクロックを標準の「772MHz」から、「990MHz」へOC!
    ・標準のメモリクロック「2004MHz」から、「2300MHz」にOC! 
    ・CPUクロックは先ほどの「4.0GHz」から、「4.3GHz」へOCします!

    ・Vantageの描画設定は、前述と同様に「パフォーマンス」です

     完走するでしょうか??

    ▼気になるベンチのスコア
     

     

     →「990MHz」「2300MHz」、「4.3GHz」完走!!!

     - 3DMark Score:36016
     - Graphics Score:30876
     - CPU Score:71918

     ハイスコア キター ♪

     自身 初となる「36000」越えです! やったりましたでー (^−^)v

     ( 参考までに前回の最高スコアはこちらです
      「970MHz」「2300MHz」、「4.4GHz」 
       - 3DMark Score:35820.32
       - Graphics Score:30572.03
       - CPU Score:73857.67    )
     
    ▼GPUの温度とGPUの使用率
     
     GPUの温度は、64℃と かなり低いです。
     まだまだ温度に余裕がありますね。

    ・・・そして、CPUをさらに「4.4GHz」にOCしましたが、

    ※CPUを「4.4GHz」にオーバークロックすると、
     グラボ側が「990MHz」「2300MHz」では完走
    できませんでした

    また、GPUクロックを「1000MHz」以上に設定すると、前回の状況に陥ってしまいベンチを完走することができませんでした。
    (ただ負けているわけではありません。だんだんと どのあたりで落ちちゃうのか分かってきました。
    ・前回の記事「「ELSA GLADIAC GTX 580」オーバークロックしてベンチ・・・がしかし」)


    行ける所まで行ってみましょう!ってことなので、
    ファイナルファンタジー14ベンチも回します!

    ■ファイナルファンタジー14(Dx9)電圧「1.163」
     GPUクロック「990MHz」、メモリクロック「2300MHz
     CPUクロック「4.3GHz」

    先ほどの Vantage と同じ設定値にて、ベンチ走らせます。
    ・GPUクロックを標準の「772MHz」から、「990MHz」へOC!
    ・標準のメモリクロック「2004MHz」から、「2300MHz」にOC! 
    ・CPUクロックは先ほどの「4.0GHz」から、「4.3GHz」へOC!

    ・FF14ベンチの描画設定は「High」です

     完走するでしょうか??

    ▼気になるスコア
     


     - スコア High:6843!!!

      
    きました―!!
      と思いましたが、前回のスコア 6877 にはおよばず・・・。

      しかも、前回は「970MHz」(メモリ定格)の、CPU「4.4GHz」設定値なのにです。
      んん〜、この辺がベンチの難しいところです  (^_^;))

    ▼GPUの温度とGPUの使用率
     
     GPU温度は 67℃ ですので、温度的にはまだまだ余裕があります。


    ■まとめます

     前回は、GPUクロック「970MHz」にて頭打ちしてしまい、それ以上の結果が出せませんでした。

     今回は冷却を強化することによって、前回よりも20MHzアップの

     GPUクロック「990MHz」
     メモリクロック「2300MHz」
     CPUクロック「4.3GHz」にて

     3DMarkVantage(パフォーマンス)ベンチ、
     ファイナルファンタジー14「High」ベンチ

       を完走 することができました!!

     「ELSA GLADIAC GTX 580高耐性認定 です!
     やりました☆彡

     GPUの温度を下げると、ここまで伸びるのであれば、水冷化もあり ですね♪
     (ベンチ中、寒くないし^^)

    我が家にやってきたウルトラハイエンド GTX580、とても良いグラボです!
    小生の Gold Recommendation 認定です☆彡

    長くこいつで戦えます!
    ELSA GLADIAC GTX 580 1.5GB (GD580-15GERX)
      

    → 次回はもう少し電圧を上げて、この辺りも試してみたいです。

    今回もお付き合い、ありがとうございました。
    ではでは、またです。(^^)ノ

    [  閲 覧していただき ありがとうございます。
     ポチっと よろしくお願いいたします  ]
     人気ブログランキングへ
    1
    グラフィックボード | 07:01 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

    スポンサーサイト

    0
      - | 07:01 | - | - | - | - |
      Comment:
      2011/03/09 7:44 AM, りくんちゅ。パパ wrote:
      おはようございます。
      おぉ。回りましたね〜♪
      おめでとうございます。( ̄∇ ̄)b
      2011/03/09 8:37 AM, kaiten-sushi wrote:
      おはようございます!
      りくパパさん。

      ありがとうございます♪
      何とか努力して回しました^^
      1000MHzまで行けばかなりの高耐性だと思いますが、1000MHzはキツイです。
      またがんばってみま〜す v
      Add a comment:









      Trackback:
      http://omoyde.jugem.jp/trackback/603