スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |
    << メインPC「Corsair Obsidian 800D」mod化 開始! | main | 電源分岐用ステーション「X-Station Power-Extension II」着弾! >>

    本格スリーブはじめました その3:「24ピンATX、8ピンEPS x2」

    おはようございます。
    kaiten-sushiです。

    先日、歯に違和感を感じて、歯医者にて診察を受けてみると、なんと知覚過敏に・・・。
    それって、ご年配のおじいちゃんとかしかならないのでは?と思っていましたが、潜在的に抱えていたらしいです。
    毎年、この梅雨時期になると歯医者がよいの小生です。

    ・・・

    さて、自作PCですが、ただいまメインPCのmod作業を進めております。
    やりたいことリストは、前回の記事にてご紹介しました。

    ・前回の記事:「メインPC Corsair Obsidian 800D mod化 開始!
     1. 電源のスリーブ化
     2. ケーブルマネジメント
     3. サイドパネル ファングリル化
     4. VGAの水冷化
     5. PCケース 上部の排気ファンのLED交換

    本日は、「1. 電源のスリーブ化」の途中までをお伝えします。
    (とてもじゃないですが、一度に全部のスリーブ化はできませんので)

    今回の電源です。

    ▼電源のスリーブ化の対象はこちらです

    電源ユニット:「SilverStone STRIDER PLUS GOLD 1000W SST-ST1000-G
    DSCF5411.jpg

    ・上の中から、24ピンATX、8ピンEPS x2、PCI-E x2、ペリフェラル4ピン、SATA をスリーブ化しようと思います
    DSCF5413.jpg


    ▼また、その他のスリーブ化の対象はこちらです

    ・水冷水温計、外付けファンコン「NZXT SENTRY LXE」、SATA(信号)ケーブル、延長ペリフェラルケーブル。まだまだ増えそうです。(フロントパネルスイッチとか)
    DSCF5420.jpg


    ▼今回使用するスリーブケーブルはこちら

    ・Sleeve SMALL - RED、Sleeve SMALL - BLACK、Sleeve SMALL - VIVID VIOLET、Sleeve SMALL - PURPLE です。
    DSCF5423.jpg

     PCの基調は 赤・黒ですが、そのまま赤黒にしてもありきたりで面白くなさそうでした。
     そこで小生のメインPCは、UV発光ライトを使っていますので、UV色の紫も入れてみようとイメージを膨らませてみました。
     計画としては、
     - 主だったケーブルは、(24ピンやPCI-Eなど)は、赤 と 紫(VIOLET)
     - サブ的なケーブルは、(USB、ファンなど)は、黒 と 濃い紫(PURPLE )
     こんな感じにまとめてみようかと^^
     (「Sleeve SMALL - VIVID VIOLET
      「Sleeve SMALL - PURPLE」  )


    また、ホームセンターで工具をあさってきました。

    ▼今回のmod計画で使うであろう工具たち
    DSCF5433.jpg

    ・デジタルノギス
    DSCF5431.jpg

    これ欲しかったんですよね〜。
    DSCF5438.jpg

    ・面取りカッター、オートポンチ、ステップドリル

         

    DSCF5437.jpg

    ・オートポンチ
     こちらはPCケースに穴をあける際に目印(跡)を付けるために使用します。
     目印を付けないと意図したところに穴があいてくれないので、こいつを使って印を付けて、ドリルドライバーなどで穴を開けます。
     ※対象がアルミなどの軟い板では凹んでしまうかもしれませんので、ポンチを弱めに設定するなどの注意が必要です
    DSCF5439.jpg

    ・ステップドリル
     ドリルドライバー(電動ドリル)に付けて穴を開けますが、通常のドリルビットよりも正確にキレイに穴をあけることができます。いわば穴あけに特化した専用ドリルです。(通常のドリルビットは穴がずれたりしますがこいつは正確に狙えます)
     穴の大きさは、4mmから20mmまで、2mm刻みに穴を大きくできます。ステップドリル1つで9段階までの穴が開けられます。
    DSCF5440.jpg

    ・面取りカッター
     皿ネジなどを使って面をフラットにしたいときにつかいます。
     面取りカッターを使うと皿ネジの頭などの扇型の形に合わせてネジ穴を削ってくれます。
     また、ネジ穴をあけた際のバリ取りにも重宝します。(ヤスリなどよりもきれいにバリ取りができます)
    DSCF5441.jpg

    ・あとは定規です
    DSCF5443.jpg

    ・裏にスポンジが付いていて、計測面を傷つけません。
    DSCF5444.jpg

    ・・・準備万端

    よしっ!はじめましょう。

    ■スリーブ化の作業開始です

    ▼どのケーブルに、どの色を、何センチつかうか? 計画を立ててみました
     ケーブルと、ヒートシュリンクと、スリーブの位置も紙に書いてみます。
     共通した長さで作業を行うようにすると、作業効率や、出来上がった際の見栄えが変わってきます。
    DSCF5450.jpg

     お約束のこいつから取りかかりましょう。
     24ピンを先に終わらすと、夏休みの宿題みたくあとが楽になります^^

    ▼「24ピンATX」のスリーブ化をはじめましょう!
    DSCF5422.jpg

    ・電源ケーブルと、スリーブと、ヒートシュリンクの位置関係の基準を作ります
     実際にはこんな感じに長さを合わせて作業します。
     ヒートシュリンク(熱収縮ゴム)の幅は、15mmです。
     その半分の7.5mm の位置(真ん中)にスリーブ(紫色)の端がくるようにします。
     下の写真のように、ヒートシュリンクをあてたときの位置関係は、上半分の7.5mmが電源ケーブル(赤色)、下半分がスリーブ(紫色)というようにします。
     ほかのケーブルでも共通化することでキレイにスリーブ化作業が進むようになります。
    DSCF5447.jpg

    ・上の続きですが、スリーブケーブルの長さの基準を作ります(24ピンATX)
     上のように電源ケーブルの両端が7.5mm余るようにするためには、スリーブの長さは 56.3cm にカットする必要がありました。
     これは小生の電源の24ピンATX の場合の例ですが、どの長さの電源ケーブルでも初めにヒートシュリンクの位置関係と、スリーブの長さの基準を決めて作業を進めることで作業効率も見た目も変わってきます。必ずやっておくべき作業だと感じました。
     このあとの作業は流れ作業でできます。(スリーブを56.3mmに何本と、初めに切って取り置いておくとより効率的です)
    DSCF5449.jpg

    ここで豆知識!
    デジタルノギス、とても便利です
    単にサイズを測定できるだけではなく、差分も求めることができます。
    これを応用することで、メートル売りのヒートシュリンクが簡単にカットすることができます。その方法をご紹介します。

    ▼メートル売りのヒートシュリンクの簡単なカット方法

    ・まず、カットに使うハサミをデジタルノギスに合わせて、ゼロボタンを押します
     これでハサミ分の厚みは測定されなくなります(ゼロとして扱われます)。
    ・次に、デジタルノギスをヒートシュリンクのカットしたい幅(小生は15mm)に広げて合わせます
    ・そして、デジタルノギスの間にハサミを入れて、そこにヒートシュリンクを添えると15mm幅になりますので、ハサミでカットします

    このようにすることで簡単 かつ 正確に同じ幅にヒートシュリンクをカットすることができます。簡単なカット方法のご紹介でした。

    ・・・

    そして、作業を進めているとアクシデントが発生!!

    ・なんと ピン外し「Pin-Remover by MOLEX - The Original」が折れてしまいました
     (´;ω;`) ウゥ。ポッキリ行ってしまいましたー
    DSCF5446.jpg

    というのも、この電源はケーブルが硬すぎるんです。
    SilverStone STRIDER PLUS GOLD 1000W SST-ST1000-G
     (まえのサブPCの電源ケーブルは柔らかかった
       「玄人志向 KRPW-P630W/85+ 」)

    ピン外し、思いっきり入れて、電源コードを引っ張りますが、かなりの力で引っ張らないと電源ケーブルが抜けないんです。
    そんな時に引っ張って抜けたタイミングで「ポキッ」といってしまいました。
    MDPC-X のサインまでいただいたのに・・・。

    と、めげていてもショウガナイので、
    ここから「ホチキスの芯」で作業開始です。(´д`)ぉお

    ・こんな感じにホチキスの芯を入れて抜きます
     芯は、2芯で1セットが良い感じでした。
    DSCF5451.jpg

    作業を進めます。
    ホチキスの芯、しかし手が痛いです。

    ・・・2日経過

    ここで救世主、「PSU Modding Tool Kit」着弾です!!
    (*`∀)ノ イェイ

    ・「PSU Modding Tool Kit」です
    DSCF5452.jpg

    ・作業がはかどりそうですが、使い勝手はどうでしょう?
    DSCF5453.jpg

    んん、着弾した「PSU Modding Tool Kit」で24ピンATXのピン抜きをしてみましたが、ウマくいきません・・・。なんか先端がとがりすぎています。

    ・加工もしてみましたが、あんまりですね
    DSCF5458.jpg

    なんか電源ケーブルに差しこんだときに、ピンの「返し」がちゃんと引っこんでないんですよね。
    やっぱり「Pin-Remover by MOLEX - The Original」の方が精度が高いのかな。

    ・そんで、「PSU Modding Tool Kit」で作業を続けていると
     こんどはケーブル端子が抜けてしまいました( _ _ )..........o
     サブPCのときのようには行きません。

     だがしかーし、前回 MDPC-Xより「Crimp contacts FEMALE for ATX, PCIE, EPS 」を買っておいたので大丈夫です。自分でカシメて作れます。
     - 「Crimp contacts FEMALE for ATX, PCIE, EPS
     - 「Crimp contacts MALE for ATX, PCIE, EPS

    ・下が抜けたケーブル端子、上が「Crimp(端子)」です
    DSCF5454.jpg

    ・「ATX Crimp」でケーブル端子を作りました♪
     上が既製品、下が小生の自作品。良いデキです。(というよりもカシメで絞っただけです)
    DSCF5455.jpg

    ・・・

    作業を続けること3日

    「24ピンATX」完成です
     良い色です。
     イメージに近い色調になりました^^
    DSCF5459.jpg

    ・根元はこんな感じです(・∀・)゚
     スリーブの精度も出ているかと思います。
     初めに基準を作って、ノギスで7.5mmに、定規でスリーブを56.3cmに合わせて切った甲斐がありました。
    DSCF5460.jpg

    ・なかなか なんじゃない
     +.(o´∀`o)゜+
    DSCF5461.jpg

     と、ここで満足していはいけません。まだまだ先は長いのです。

    ・・・

    でも、まぁ調子に乗って、「8ピンEPS x2」も始めてみましょう

    ▼「8ピンEPS x2」スリーブ化
     その前に前置きですが、R3Eマザーは「8ピンEPS」が2つ必要です。
     一方の「8ピンEPS」はギリギリマザーに届くのですが、もう一方は完全にアウト。なので、両方とも延長します。
     この延長した結果が後行程の「2. ケーブルマネジメント」にもひびいてきます。(キレイに裏配線できる)
    DSCF5462.jpg

    ・「8ピンEPS」の延長ケーブルのスリーブ化
     こちらももちろん最初に基準を作って(紙にメモして)作業を進めています。
    DSCF5463.jpg

    ・この延長2本は1日で終わりました
     ━(゚∀゚)━ キター! キレイです。
    DSCF5465.jpg

    このあと、白のケーブルコネクタの部分をブラック塗装しました♪

    ・・・

    今日の作業はここまでにします。
    残りは「8ピンEPS」の本体ですね。

    まだまだ先は長いですが、がんばります (・∀)ノ

    [  閲 覧していただき ありがとうございます。
     ポチっと よろしくお願いいたします  ]
     人気ブログランキングへ
    2
    本格スリーブ | 07:08 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |

    スポンサーサイト

    0
      - | 07:08 | - | - | - | - |
      Comment:
      2011/07/01 12:15 AM, と〜やん。 wrote:
      こんばんは☆
      スリーブおつかれさまです!バイオレット&パープルいい色ですね〜(*’ー’)
      ボクもメインPCはこの色でスリーブしたいものです。。
      オートポンチとデジタルノギスも素晴らしい♪工具もPCと同じく進化してるんですね〜。
      専用工具があるとないとではスリーブ作業の効率も違うのが分かります(>_<)
      2011/07/01 8:38 AM, kaiten-sushi wrote:
      おはようございます、と〜やん。さん(*^c^;)
      パープル系 良い感じです。実は一度ブラックで途中までスリーブしたんですが、あまりイケてなくてやり直しました。悩んでよかったです(^^ゞ この色お勧めですよ。

      デジタルノギス(&定規)、すごく便利です。
      スリーブ化の作業がかなり効率的になりますので是非一つ用意しておきたいです。小生のは1900円の安いものです。(*・∀・)

      オートポンチでの印付けと穴あけ楽しみです^^
      2011/07/01 11:51 AM, かず wrote:
      こんちはー。
      やっぱりちゃんと図ると綺麗ですね〜。
      おれのなんかやっぱり見せられませんw
      MDPCのピン外しは俺も折れましたよ。届いたその日に。がっかりしました(´Д` )
      早く全体像が見たいです!
      頑張ってください〜\(^o^)/
      2011/07/01 1:05 PM, kaiten-sushi wrote:
      かずさん、どもです〜☆
      >届いたその日に。
      あっ、やっぱり折れちゃいますぅ(*ゝω・)ノ 。しかもその日に、というのは・・・サスガです。あの細さだと仕方ないですよね。でも精度は一番いいと思うんです♪
      小生も早く完成させたいです。
      がんばります ( 'Θ')/
      2011/07/01 10:24 PM, りくんちゅ。パパ wrote:
      お疲れ様です〜☆
      他に類を見ないカラーリングですね。
      すごくキレイです♪

      完成が楽しみです♪
      2011/07/01 11:23 PM, kaiten-sushi wrote:
      りくパパさん、こんばんはです〜♪
      ありがとうございます。色合わせをして行ってピンッときたのがこの色でした^^やったーって思いました。
      小生も完成の日が楽しみです。がんばりまーす(^^)ノシ
      Add a comment:









      Trackback:
      http://omoyde.jugem.jp/trackback/649