スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |
    << 「Obsidian CC800DW mod 第二弾」modスイッチの取り付け(途中) | main | 「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ネオン管用 電源ケーブル自作♪ >>

    「Obsidian CC800DW mod 第二弾」水冷ポンプ用 電源ケーブル自作♪

    おはようございます。
    kaiten-sushiです。

    実家の稲刈りですが、台風15号の影響により 遅れに遅れて、昨日やっと 稲刈りのみ 終わりました。あと精米作業がありますが、ほんと台風には翻弄されっぱなしです。(有給使いまくり)

    それに加えて、自宅の「リビングPC」もついにオナクナリになった様子で、電源も入らなくなってしまいました。(電源コンセントを抜いて、再度差すと一瞬起動するが、また落ちる、の永久ループ)(−_−)。2004年購入 寿命か。

    「サブPC」も、実家の弟のもとに渡ってしまい、、、
    今現在、自宅にはバラした「メインPC」が1台のみという状況。

    つまり、自宅には 起動できるPCが一台もない件
    (楽しみにしてる ブログ フレンズさん達の記事も読めずじまい。。。)

    そりゃもう、奥方からもクレームのあらしですわ・・・。
    さすがにこの状況はマズイので、「リビングPC」だけでも復活させようと考えております。
    ( ん!? (´・ω・`ノ) やっぱ APU の Llano、リャノ?、ラノ?  )

    そんな中で、オナクナリになる前に、
    奇跡的にブログの更新ができましたので、記事をアップしたいと思います。

    ・・・

    さて、ただいま mod 第二弾に着手しております。
    長々と待たされた MDPC-Xに頼んだスリーブ がようやく着弾いたしました。

    ※個人輸入している皆様から、海外からの運送遅れの原因など、貴重な情報をコメントしていただきました。 状況がつかめて とても助かりました。
     その節は、大変ありがとうございました ☆

    ということで、本日は 配線コードの自作に取り掛かりたいと思います。(^―^)
     → 具体的には、水冷ポンプ用の電源ケーブルの自作 を行います。
       (作り方は他の配線と一緒です。他でも応用できるかと思います)


    ▼参考までに、mod 第二弾の進捗状況はこんな感じになっています♪
    「Obsidian CC800DW mod 第二弾」modスイッチの取り付け(途中)
    「Obsidian CC800DW mod 第二弾」フロントパネルLEDの交換♪
    「Obsidian CC800DW mod 第二弾」VGAラジエターと,ケース補強ステーの取り付け^^
    「Obsidian CC800DW mod 第二弾」ジグソーでラジ穴あけ、その他加工♪

    >>続きです

    電源ケーブル自作の背景など

    Q.作業に移る前に、なぜ電源ケーブルを自作するのか?
      を、簡単に説明しておきますね。

    A.結論から言うと、ポンプが電力を食うからです (^^ゞ

    その、今回のmod第二弾では、水冷のポンプを2つ付けて2系統にするつもりです。
    ポンプを2つ付けるということは、それなりの電力を食うことになりますので、他の電源ケーブルからの分岐などは、なるべくなら避けたいのです。
    分岐ケーブルから電力を取った場合、ほぼ確実に電圧不足におちいりますから。

    そのため、ポンプの電源は電源ユニットから直接取ろうと考えています。
    (例えば、X-Station兇らではなく。以前の記事「電源分岐用ステーション「X-Station Power-Extension II」着弾!」

    ↓ポンプはこちらを、2つ使います。

    Koolance PMP-400 High-flow Pump
     スペックからして、もとは「Laing DDC-3.25」だと思われ。
    DSCF6102.jpg

    ・スペックです 翻訳(国内での情報):
     Laing DDC-3.25
     動作電圧 DC8V〜13.2V
     負荷電流 1.5A
     最大流量 500LPH
     最大揚程 6.8m(22.4ft) ≒ 7m (23ft)

    ・スペック 英文(海外Koolanceでの情報):
        Maximum Flow Rate: 8.7 L/min (2.3 gal/min)
        Maximum Head Pressure: 7m (23ft)
        Motor: Brushless DC, electronically commutated, spherical motor
        Expected Lifetime: 50,000 hrs. MTBF (5.7 years)
        Power Consumption (at max): 20W
        Voltage Range: 8 to 13.2 VDC
        Startup Voltage: 9 to 13.2 VDC
        Maximum System Pressure: 1.5 kgf/cm2 (22 PSI)
        Maximum Temperature: 60°C (140°F)
        Electrical Connector: 3-pin fan header with tachometer speed signal
        Hose Connections: 10mm (3/8") ID hose barbs
        Weight: 198g (7oz)

     (ちまみに「Laing DDC-3.25」は、現在のポンプの中で最上級の揚程を誇るポンプです。12v駆動時)

    ・スペックで重要なところは、DC12V駆動時「18W」というところです
     18Wも消費しますので、2つで「40W」近くに達します
     やはり電源ユニットから直接取った方がよさそうです。
     (X-Station兇ら取った場合、他に電力が行き渡らないですね)
    DSCF6103.jpg

    ということで、水冷ポンプ専用の電源ケーブルが必要になったわけです。

    ・・・

    よしよし、久々の mod ケーブル自作 & スリーブ作業ですね。
    わくわくします。

    ■水冷ポンプ用の電源ケーブルの自作 作業開始!!
     (他ケーブルでも応用可)

    ・まずは、MDPC-Xからスリーブの着弾です
     Sleeve SMALL - BLACK、Sleeve SMALL - RED、Sleeve SMALL - VIVID VIOLET、それぞれ30Mです。
     今回は遅れて11日間もかかりました(^^ゞ
     このスリーブはメインPCの在庫確保にも使います。
    DSCF6278.jpg

    ・ポンプ用 電源ケーブルを自作する前に、リザーバに付けたポンプ自体をスリーブ化しちゃいます♪
    (リザーバにポンプを付ける記事は改めてアップしますね。
     リザーバ:「Koolance RP-402X2 Dual 5.25」 )

    ・ポンプのスリーブ化と、コネクタの交換
     3ピンコネクタを,Molexのブラックに交換します。ひきしまりますね^^
    DSCF6279.jpg

    ・ヒートシュリンクを使い分け、スリーブ化します
     ポンプの根元は細いヒートシュリンクを、コネクタ側は太めのヒートシュリンクを使うとキレイにできますよ。 (^0^)
    DSCF6281.jpg

    ・収縮チューブ(ヒートシュリンク)
     5Φ の細いもの、  8Φの太めのもの
       

    ・こんな感じでキレイにできます!
     バッチシ
    DSCF6282.jpg

    ・・・

    ▼ここから、電源ケーブル自作の具体的な作業に移ります☆

    ・まず、電源ケーブルを調達します
     電源ケーブルは、「PC用」と銘打ったものはメートル買いすることができません。
     ですので、自動車用の配線コードか、ホームセンターで家電用の配線コードをメートル買いしてきます。

    ・下の写真は、自動車用の配線コードです
     結論から言うと、PCには、右の「AVS 0.75sq、12V80W」用が最適です!
     左の「AVS 1.25sq、12V140W」は太すぎて使えませんでした。(カシメたら端子が壊れた)
    DSCF6283.jpg

    DSCF6286.jpg

     ※後で気づきましたが、PCの電源規格では、1配線で75Wまで(マザーの PCI-Eスロット75W、電源から伸びる PCI-Eケーブル75Wなど)と決まっていますよね。
     ですので、1配線で140Wというのはあり得なかったわけですね。ぶっとすぎ。(^^ゞ
     (間違っていたらごめんなさい)

    ・配線コード、黒と赤
     PCには、こちらの↓「AVS 0.75sq、12V80W」用が最適。
      


    ・配線の次は、コネクタと、電源端子を用意します
     - 電源ユニットに接続するため、「6ピンVGA用コネクタ」と「ATX・PCI-E用電源端子」
     - その先の、「ペリフェラル4ピンコネクタ」と「その電源端子(メス)」
     - 上のペリ4(メス)と接続するための、「ペリフェラル4ピンコネクタ」と「その電源端子(オス)」
     - その先の、「3ピンfan用コネクタ」と「3ピン電源端子」
     以上が必要になります
    DSCF6285.jpg

    ・電源端子 正式名称
     - Connectx™ ATX 24 pin Female Pins, GOLD-plated - 24 Pack
     - Female Molex Pins - 4 Pack
     - Male Molex Pins - 4 Pack
     - Female 3-Pin Pins - 3 Pack
     - Pro Male 3-Pin Fan Pins - 3 Pack

    ・こちらから購入できます
     Performance-PCS「Molex Pins
     MDPC-X「Crimp contacts FEMALE for ATX, PCIE, EPS


    ・・・作業を進めます。

    ・配線コードの皮膜をはぎます♪
     皮膜はぎ、正確には「エンジニア・ストリッパー」と呼ぶみたいです。
     便利で簡単に はがれます。
     (下の「電装圧着工具」でも 皮膜はぎは可能ですが、こちらが圧倒的に簡単かつ正確にこなせます)
    DSCF6287.jpg

    ・エンジニア・ストリッパー
     いろいろ種類がありますね。どれもこれも便利そうです^^
     
     (ストリッパーという響き、たしかにストッキングを脱いで素足が出る様子が、配線コードの皮膜を脱いで銅線が出る様子とが生足とダブって、容易に想像付きます。
     良いネーミングですね。ちょっとアレでしたね (^^ゞ)

    えと、そして

    ・配線コードに、電源端子を圧着します
     ATX,PCI-E,EPS用の端子は「MDPC Crimping-Tool」にてカシメます。
     (下の「電装圧着工具」でも できます)
    DSCF6289.jpg

    ・「MDPC Crimping-Tool」と、「電装圧着工具」です
     ※それぞれの違いですが、
     - 「MDPC Crimping-Tool」は、皮膜部分と銅線部分が同時に圧着できます。
     - 「電装圧着工具」は、皮膜部分と銅線部分を別々に圧着します。
     それぞれにメリットとデメリットがあります。
     ( なんか最近、工具の紹介が多くなってきた気がします。。。)
    DSCF6290.jpg

    ・電装圧着工具 FK1(自動車用のお店にも売ってます)
     

    ・このように「MDPC Crimping-Tool」と、「電装圧着工具」を使い分けて、カシメました♪
     下の写真を参照ください。
    DSCF6291.jpg

    そうこうするうちに、

    電源ユニット接続用、
     「PCI-E6ピン ー ペリフェラル4ピン(メス)」ケーブル完成
    です
     スリーブも かましました♪
     自分で作ると長さが調整できて、とーってもスッキリしますよ^^
    DSCF6292.jpg

    ・・・

    続いて、

    ・延長分岐用、
     「ペリフェラル4ピン(オス) − 3ピンfan」
    ケーブルを自作します
    DSCF6293.jpg

    ・ペリフェラル4ピンは「電装圧着工具」にてカシメました
     2本分は太いので、思ったより大変でした  (´Д`lll)
    DSCF6294.jpg

    ・2本分の配線コードを圧着しました
     すこし強引に カシメた雰囲気が漂っています。
     その分、強度の弱さも気になります・・・。
    DSCF6295.jpg

    そこで、

    ・強度を高めるため、はんだ で固めます
     要は、溶接のような感じにして強度を高めようと思ったのです☆
    DSCF6296.jpg

    ・はんだ、はんだごて、はんだ吸取り線
       


    ・しっかり、はんだ付けして、かなり良い感じになりました♪
     強度もましましです。
    DSCF6297.jpg

    ・配線コードの右側がはんだ付けした「ペリフェラル」、
     左側がこれから圧着する「3ピンfan端子」です
    DSCF6298.jpg

    ・3ピンfan電源端子もカシメました (^0^)
    DSCF6299.jpg

    そして、

    延長分岐用
     「ペリフェラル4ピン(オス) − 3ピンfan」ケーブル完成 です
     同じく、スリーブも かましました ♪
     この左側の先端に、ポンプが2つ接続されるわけですね。
    DSCF6300.jpg
    ※ペリフェラル4ピンは 1番端子(左側)が12vですが、3ピンfanは2番端子(真ん中)が12Vです
     ちょうど、上の紫のスリーブが12Vのケーブルになります ♪


    ・んで、合体してみます♪
     電源ユニット接続用「PCI-E6ピン ー ペリフェラル4ピン(メス)」ケーブルと、
     延長分岐用「ペリフェラル4ピン(オス) − 3ピンfan」ケーブル をつなぎました☆
    DSCF6301.jpg

    んで、んで、
    電源ユニットと接続
     キ・・北ァ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
     (電源ユニット:SilverStone STRIDER PLUS GOLD 1000W(SST-ST1000-G)
    DSCF6302.jpg

    んで、んで、んで、
    ・動作確認しまーす
     おっしゃー、問題なく通電テスト 完了!!
     キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!
    DSCF6304.jpg

    やった!
    「水冷ポンプ用 電源ケーブル」も自分で制作できました♪

    ケーブルの自作、何気に面白いです。
    自分の好きな長さやケーブルの太さや色も選べます。
    さらにスリーブまでかまして・・・最高です!

    mod PC というよりも、電子工作のいきおいが強くなってきている感じもしますね。
    あと、電子工作の圧着工具も便利ですね!

    電源ケーブルの自作、配線さえ間違わなければ、だれにでもできると思いますよ。

    よしよし。

     → 次回は、リビングPC復活 に関する記事が入るかもしれません。
       そしたらまたお付き合いお願いしますね。

    ではでは、またです。(^^)ノシ

    [  閲覧していただき ありがとうございます。
     ポチっと よろしくお願いいたします  ]
     人気ブログランキングへ
    2
    本格スリーブ | 06:22 | comments(10) | trackbacks(0) | - | - |

    スポンサーサイト

    0
      - | 06:22 | - | - | - | - |
      Comment:
      2011/09/29 9:58 PM, と〜やん。 wrote:
      こんばんは!
      Koolance RP-402X2 Dual 5.25スリーブもきまって迫力ありますね♪
      PCが使えないもどかしさ分かります(/□≦、)
      ボクの場合古い代用PCを使ったときに分かっていながらその遅さにナイーブになりがちですw


      しかし、毎回kaiten-sushiさんの記事は分かりやすくて勉強になりますです!今はX-Station兇DDC繋げる予定なんですが、念のためポンプ用にもう一本ケーブル自作しようかなと(o^-^o)
      2011/09/30 12:36 AM, aki wrote:
      稲刈りご苦労様でした!
      美味しいお米が食べれそうですね〜 羨ましいです。

      このリザーバーはいいですね〜
      kaiten-sushiさんのチョイスはいつも最高です!
      エアブラシは手に入れたのですが、まだPCの塗装もしていないのですが、練習中です。
      そして、水冷を諦め切れず...な感じでして、以前にご教授頂いたのを参考に購入しようか検討中ですよw
      土曜から台湾へ急な出張になったので、そこでいくつか物色してしまおうかと企み中ですw
      私もVGAとCPUは分けたいとは漠然に考えていたのですが、まず知識がついてこず... それと手入れのしやすさでつい空冷にって感じなのですよね〜
      でも、見た目とか断然に水冷というか、個人的には魅力に取り付かれてます!
      2011/09/30 8:43 AM, kaiten-sushi wrote:
      >と〜やん。さん。
      ありがとうございます!
      koolanceの5インチベイリザーバ、ほんとに憧れでしたので、いつ見てもうっとりしてしまいます(^^ゞ

      PCないとめちゃくちゃ不便です・・・。早々にリビングPC組みたいです。

      >しかし、毎回kaiten-sushiさんの記事は分かりやすくて勉強になりますです!
      おほめの言葉、素直に嬉しいです。なるべくわかりやすく、すこしくどいくらいに書いちゃうこともあります(^0^)
      (実は昔、学習用教材を執筆していた経歴があります。人に伝えること、わかりやすい文章を書くこと、人に教えることについて、新人時代に上司に厳しく叩き込まれた歴史があります。あれはあれでキツイ仕事でしたがェ(´д`)ェ)

      >、念のためポンプ用にもう一本ケーブル自作しようかなと(o^-^o)
      X-Station兇砲弔覆欧LEDやドライブが少なければあまり気にしなくても良いかもしれません。ただ、電圧が下がるとポンプの回転数が下がってしまいますので、そのへんだけポイントですかね^^
      2011/09/30 9:09 AM, kaiten-sushi wrote:
      >aki さん。
      どもども、こんちはです!
      毎年秋の恒例行事おわりそうです。いつも思いますが、農家に生まれてよかったと思います。大変ですけどね〜(^^ゞ

      ありがとうございます。
      akiさんも好きそうなリザーバな気がしていました♪

      >エアブラシは手に入れたのですが、まだPCの塗装もしていないのですが、練習中です。
      すごいですねー。小生は塗装の方は、まるっきり素人ですので、見習わないと!

      >そして、水冷を諦め切れず...な感じでして、以前にご教授頂いたのを参考に購入しようか検討中ですよw
      おお、サスガです。(大人になって、やりたいことを長く思い続けていることって苦じゃないんですよね☆)
      → akiさん用に、ポンプと、あとリザーバも用意しておきますね。必要なときにお声掛けしてください^^

      それにしても海外に出張なんてビジネスマンなのですね!?
      特にアジアは水冷の部品も安価で扱ってそうですのでうらやましいです。

      2系統にするのも、小生も初めは??(´ロ`ノ)ノドウヤンノ〜、な感じでしたが、調べたり、海外サイトを見るようになって段々とわかるようになってきました♪
      上にも書きましたが、好きなことを続けることって、苦にならずに続けられるんですよね。

      akiさんも、魅力に取りつかれたら、もう水冷ユーザですね゜+.(ノ。・ω・)ノ*。
      2011/09/30 10:19 AM, 左のパパ wrote:
      こんにちは。はじめまして。
      ’スリーブケーブル’で検索していて、お邪魔させていただきました。
      いやぁ〜、スゴイです!とても参考になります。
      さすがに私にはここまでは出来そうにないですが!

      またお邪魔させていただきますので、宜しくお願いします。
      2011/09/30 9:27 PM, R−506 wrote:
      こんばんわ。
      はじめまして。
      Kaiten-Sushiさん
      これからも〜よろしくお願いします。
      さて災害されて大変ですけど
      頑張って下さい。
      何か困っている事有りましたら
      私で出来る事は応援します〜よ。
      2011/09/30 9:55 PM, kaiten-sushi wrote:
      >左のパパさん。
      こんばんは。
      こちらこそ、はじめまして!

      ありがとうございます。
      小生も本格スリーブを始めたのは最近なのですが、面白くてついついこだわってしまいますね。
      まだまだですがこれからもがんばります^^

      左のパパさんのブログも少しだけ拝見させていただきました。
      お子さんと奥さんとお出かけされているようで楽しそうですね。幸せそうな感じがほほえましいです♪

      それでは、またよろしくお願いしますノシ
      2011/09/30 10:01 PM, kaiten-sushi wrote:
      > R-506さん。
      こんばんは☆
      こちらこそはじめまして^^

      台風15号ですかね。
      その前の台風も洪水など大変でしたね。
      ありがとうございます。
      またよろしくです♪
      2011/10/03 1:31 AM, つきじ wrote:
      はじめまして。
      2週間前からスリーブ化を始めましてわからないことだらけの中、工具やスリーブの径など、とっても、とっても参考にさせてもらってます。具体的な内容と写真ありがとうございますー。
      特にファンコネクタをヒートシュリンクで覆うのは目からウロコで、さっそくやりました♪

      同じSSの電源を使っているのですがケーブルがホントに硬いですね。あまりにきれいにまとまらないので、電線とコネクタを購入しイチからやり直しているところです♪

      どんな電線を使ったらいいのかもわからなかったので、秋葉原のガード下の電線をたくさん扱っているお店の兄さんに尋ねたら詳しく教えてくれたのですが、電線の芯線の太さとともに被覆の質(厚みと硬さ)が重要だといってました。オーディオの回路を自作するような人たちはそこにもこだわるそうですねー。兄さんに薦められた電線を使ってみたら確かによかったですね。AWG20の89円/mだったような。

      ケーブルをぴったりした長さでスリーブ化するのはほんとに楽しいです。

      これからもよろしくです。

      2011/10/03 8:35 AM, kaiten-sushi wrote:
      >つきじ さん。
      はじめまして♪こちらこそよろしくお願いします。
      小生の書いた記事がお役に立てたようでとても嬉しいです^^

      スリーブ化 開始おめでとうございます!
      これでPC mod の新しい世界が始まりますね。丁寧にやればどなたでもできますので色々と試してみてください。ただし腰痛に注意です(^^ゞ

      >秋葉原のガード下の電線をたくさん
      小生もあそこには行ったことあります。近くにそんな場所があっていいですね (^0^)
      詳しい人に聴けたのでしたらもう大丈夫ですね。確かに銅線の太さと皮膜の柔らかさが重要になりますね。皮膜はやわらかいとカシメ安いですが、温度に弱くなりますからね。トレードオフの関係ですね。

      小生もPCのそれぞのの長さに合わせて、ネオン管、LED、ドライブのケーブルを作り直したりしています。楽しいですね。

      それでは、またよろしくお願いします(´∀`)ノ
      Add a comment:









      Trackback:
      トラックバック機能は終了しました。