スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |
    << 祝 入園式! | main | 「ks'P-05」:ミリタリーグッズ「M67」破片手榴弾の塗装 >>

    梅雨時期・夏場のジメジメ前に「防湿庫」の準備

    こんにちは。
    kaiten-sushiです。

    いや〜、忙しいっす。
    その、小生の地区には自治会というものがあって、この自治会の中には20個くらいの「組」から構成されているんですが、小生はその組の1つの「組長」になってしまいました・・・。

    うちの組は戸数が22戸もありまして、休日や仕事帰りに、集金に回ったり、回覧板回しとか。その他、定期役員会やら、ドブ掃除、お年寄りのイベント、村祭りの準備、防災訓練、除草剤散布など、めちゃくちゃ忙しいです。
    (家事、育児、仕事、+ 組長の仕事・・・。神様はどこまで小生の背中に負荷を背負わせるのでしょうか (~_~;))

    ・・・

    さて、デジイチを使いはじめて1年ほど経ちますが、皆さんは使っていないときはどのように保管されていますか?

     ・「Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
      

    小生はコンデジの頃はその辺に投げていたんですが、さすがにデジイチとなるとレンズで数万円、ボディで数万円もするんで、保管には気を使っています。
    使い終わって、保管前にはブロワーでホコリを飛ばしてからブラシでレンズを払って、ボディは軽く濡らしたタオルで拭いてから保管しています。

    やっぱりカメラとレンズの一番の敵は カビ ですね。
    カビは湿度が60%以上になると発生しますが、梅雨時期だけでなく、こっちは夏もジメジメしてカビが発生しやすいです。

    長年適当に放置していたコンデジのレンズを見ると、白いポツポツや、筋状の線(線香花火みたいなの)ができていて、これがカビらしいです。
    カビの生えたレンズで撮影すると、ソフトフォーカスがかかったような画質の写真になっちゃいます。

    カビの生えた(デジイチの)レンズをサービスセンターに持ち込んで、カビ除去のクリーニングを頼むと、カビの範囲や大きさにより1万〜3万くらいの見積もりが出るそうです。

    >>続きです。


    以前までデジイチの保管方法は、クリアボックスに乾燥剤を入れて保管していたんですが、乾燥剤だと強引に湿気を取り除くので、クリアボックス内の湿度が20%以下に下がり過ぎてカメラにも悪いんではないかと心配していたんです。
    あと、乾燥剤の取り換えが面倒くさいんです。
     20130123_228456.jpg

    この撮影機材の湿度って30〜40%程度が推奨されているそうです。
    10〜20%のように湿度を下げすぎると、古いカメラの蛇腹部分や、カメラ表皮の革が傷むなど、劣化の原因になるそうです。

    温度が20度前後で湿度40%以下ならカビの発生する確率は少ないそうですが、除湿器やエアコンで湿度を40%に保つことはまず不可能ですね。
    そんな状態で人間が生活しているとノドをやられてしまうとのこと。(人の健康には50%〜60%程度が良いとされている)

    人間にもカメラにも”適度な湿度”が大切なのですね。

    そこで、適切な撮影機材の保管を目的に、防湿庫 を購入していました。
     DSCF7736.jpg
    防湿庫は、自動で湿度を自分の好みのパーセンテージに保ってくれますのでとても安心です。また、光触媒搭載(殺菌ライト)が付いているので、細菌の繁殖も抑えられます。

    ざっと防湿庫のメリットを上げてみました

    ▼防湿庫のメリット
    カビ対策が万全
     自動で湿度が保たれ、メンテナンスフリー(乾燥剤よりも管理が楽々)
    ・湿害による金属部分の錆びを抑える効果がある
    ・光触媒により細菌の繁殖が軽減される
    ・密閉されており、ホコリ対策が万全
    ・部屋の湿度は子供向きの60%に、防湿庫は撮影機材向きの40%に保てる
    ・カメラやレンズにキズ付けることなく収納できる
    施錠できるので子供がいても内部が守られる
    整理できて中身が確認できる
    ・LED庫内ライト付きにより レンズやカメラをライトアップしてインテリアとしても活用できる
    ・SDカードのほか、PCパーツのグラボやCPU、SSD、HDD、メモリなどの保管庫としても良い
    ・家族の記録を残すカメラが 確実に守られる
    ・(5年保証、電気代1日1円、無音)
    こんなところでしょうか。

    小生は、東洋リビングのオートクリーンドライの
    「東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 79L ED-80CW 」を購入しました。

    メーカーの説明はこんな感じです。
    「特殊乾燥剤により、庫内の湿気を吸着し、自動的に外部へ湿気(蒸気)を排出し、湿度を下げます。乾燥剤は交換不要です。除湿原理(乾燥剤除湿システム)
     東洋リビングのオートクリーンドライはレンズのカビ発生を防ぐだけでなくホコリの付着も軽減します
     更に電子ユニット内に光触媒(LED+を酸化チタン)を設け、庫内のクリーン効果を保ちます」

    ・東洋リビングの防湿庫のカタログです。
     
     クリックにて拡大
     
     クリックにて拡大

    ・下はトーリ・ハンの防湿庫です
     

    トーリ・ハン と 東洋リビングの違いはこんな感じでした。
    (東洋リビングの方が社歴が古いですが、もともとは一つの会社だったみたいです)

    ▼ トーリ・ハン |と 東洋リビング の違い
    ・棚は、スチール(金属)製 |オール透明マット付き引き出し棚
                    波型レンズホルダー(全機種1枚付き)
    ・棚の支え鋲は、金属製    | プラスチック製レール
    ・湿度計は、デジタル・デュアル湿度計 | デジタル湿度計
          (外部コンセント付き)    外部コンセント付き

     ほとんど違いはないようですが、波打ちレンズホルダーとプラ製レールで東洋リビングにしました。トーリ・ハンの庫内と庫外のデュアル湿度計と金属製の棚と鋲には惹かれました。好みで選んでいいと思います。

     詳しい違いはこちらのサイトを参考にさせていただきました。(管理者様ありがとうございます)
     http://www6.ocn.ne.jp/~umeda-f/touyouVSto-rihan.html


    ▼適切な防湿庫のサイズ

    防湿庫のサイズはどのくらいがいいのか? 防湿庫にもいろいろなサイズがあります。
    小生のは 80Lで3段構成ですが、小生のような「日曜お父さんカメラマン」にはちょうどいいサイズかと思います。
    現在の構成は写真のように、上段にレンズを2つ、中断にデジイチを1つ、下段に貴金属やメディアを置くような使い方をしています。
     DSCF7775.jpg
    まだ余裕がありますので、さらにデジイチを1つ、レンズを2〜3個追加しても入るでしょう。
    これより小さいサイズの防湿庫を選ばれる際には、小生の現在の構成くらいの内容物になります。
    小生的には将来も考えてこのサイズにしました。
    これより大きい、118Lクラスのサイズを選ばれればさらに良いと思います。大は小を兼ねますから。

    ・・・

    ■それでは実際の現物写真です

    ・「東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 79L ED-80CW 」着弾!
     PCケースでデカイの慣れていますが、やはり圧倒されますね。
    DSCF7734.jpg

    ・ドドーンと登場
    DSCF7736.jpg

    ・裏から
    DSCF7737.jpg

    ・冷蔵庫みたいですな
    DSCF7738.jpg

    ・光触媒によって庫内のクリーン効果を保ちます
    DSCF7739.jpg

    ・冷蔵庫のようにゴムでシーリングするので、とても密閉力があります
     閉めると「バンッ」といいます。
    DSCF7740.jpg

    ・上段の波型レンズホルダーがお気に入り
     レンズが転がりません。
    DSCF7741.jpg

    ・左が光触媒、右が湿度調整ダイヤルです
     小生は湿度がちょうど40%に保てるように設定しています。
     室内の湿度にも影響されますので、ダイヤルで調整して最適な位置に合わせます。
    DSCF7742.jpg

    ・付属のカギと、湿度計ようの電池
    DSCF7743.jpg

    ・湿度計に電池をはめました
    DSCF7744.jpg

    ・湿度計より、現在の湿度は51%、温度は30℃ とわかります
    DSCF7745.jpg

    ・おまけでLED庫内ライトが付いてきました
    DSCF7746.jpg

    ・スイッチオン
     LED=modPCの装飾と思う方は末期です(^^)。
    DSCF7748.jpg

    ・日本らしくマニュアルつきです
     わかりやすいです。
    DSCF7749.jpg

    ・製品保証はなんと5年!
     しかも20年ほとんど壊れたことがないとのこと。
     家電で一番長い寿命になりそうです。その前にデジイチが壊れるかな。
    DSCF7750.jpg

    ・しっかり施錠できますので、小さいお子さんや盗難対策にもなりそうです
    DSCF7752.jpg

    DSCF7753.jpg

    ・これが便利な波打ちレンズホルダーです
     バラでも売っているようですのでお好みで増やせそうです。
    DSCF7755.jpg

    ・デジイチも余裕で入ります
     60DのAPS-Cサイズだとこのくらいです。
     大きい35mmフルサイズだと1段を占有しそうです。
    DSCF7756.jpg

    ・外部コンセント付きですので、防湿庫が電源コンセントを占有することがありません
     バッテリーの充電に最適ですかね。
    DSCF7757.jpg

    ・100円ショップで小物トレーを買ってきました
    DSCF7764.jpg

    ・下段は貴金属やメディアカードなどを入れようと思いました
     ピッタリ2つのトレーが収まりました。
    DSCF7765.jpg

    ・時計や奥方のアクセサリーなどの貴金属・・・
     キレイに収納できそうです
    DSCF7771.jpg

    ・ついでに”どんだけ防湿庫”なのか? 少し切り込みをいれた柿ピーもいれてみました
     結果、1箇月たっても全然湿気ないのがすごいです。
    DSCF7774.jpg

    ・上から、レンズ、ボディ、メディア・貴金属を入れてみました
    DSCF7775.jpg

    DSCF7776.jpg

    ・ドアを閉めるとこんな感じ
    DSCF7777.jpg

    ・おまけで付いてきたLEDを点灯させてみました
     インテリアのようにデジイチにうっとり!
    DSCF7779.jpg

    ・防湿庫の上には 外部コンセントから充電できるように充電器を置いています
    DSCF7780.jpg

    DSCF7782.jpg

    ・なかなかの色合いですね
    DSCF7784.jpg

    ・光触媒がブルーに点灯していますね
    DSCF7785.jpg

    DSCF7787.jpg

    DSCF7789.jpg

    DSCF7790.jpg

    ・中が良く見えて整理できます
    DSCF7791.jpg

    ・最後はカギを締めて施錠してっと
    DSCF7792.jpg

    こんな感じです。

    昔に比べてデジイチも安くなってきて、防湿庫も安くなってきています。
    撮影機材の普及が進んで、機材と同様に保管場所にもこだわるのも良いことだと思います。
    防湿庫を8箇月ほど使用しましたが、以前のクリアボックスと乾燥剤のコンビよりも、メンテンナンスフリーのカビ・湿害対策は素晴らしいの一言です。

    それでは、またです。(@^^)/~~~
    次回は塗装の記事ですかね。


    ■参考 小生が選定した際に候補に挙がった防湿庫

    東洋リビング
     

    トーリ・ハン
     

    [  閲覧していただき ありがとうございます。
     ポチっと よろしくお願いいたします  ]
     
     人気ブログランキングへ

    1
    デジイチ(一眼レフ) | 22:28 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |

    スポンサーサイト

    0
      - | 22:28 | - | - | - | - |
      Comment:
      2013/05/09 12:11 PM, bloom wrote:
      こんにちはw
      やっぱ防湿庫良いですよね!
      私も職業柄、歯の写真を依頼されるので、一丸は欠かせません。
      自分もTOYOを愛用してます。なんか、カメラのみならず、粉系の材料も保管してます!
      全くしけらないので無くてはならない物になってます。(^o^)/

      あんまり参考にはならないかもですが、仕事での材料の保管は、防湿庫をワインセラーにぶち込んでます。
      荒い使い方ですが、お陰で材料の劣化が殆んど無くなりましたw
      紫外線付きは持って無いので、かなりそそられますww
      2013/05/09 1:04 PM, にしめ wrote:
      こんにちは
      そういう室庫?という良い物ががあるのですね
      光付きでいいですね。トイレのエアタオルの球菌を殺すようなものなのですかね?
      忙しそうですね マイペースが一番ですね-~)ノ~~
      2013/05/09 10:03 PM, kaiten-sushi wrote:
      >bloom さん。
      やっぱり!
      ブログで見えたのは防湿庫でしたか。
      これすごく良いです☆
      業者さんでも使っているんですから家庭でも信頼性ありますね。

      おお、ワインセラーも候補に挙がりました♪
      ただどうしてもカメラ向きでなかったので防湿庫にしましたが、使ってみたいですね。

      紫外線つきなんで中はいつも新しい匂いのままです。
      多少手垢が付いたまま入れても大丈夫ですね。
      2013/05/09 10:05 PM, kaiten-sushi wrote:
      >にしめ さん。
      どうもです!
      そうなんです。乾燥剤より断然いいですよ^^ おひとつどうですか?

      光触媒はそこまで強い殺菌性はないみたいです。あくまでクリーンに保つのが趣旨みたいです。

      ほんとにいっそがしいです。
      休みがほしいですね。
      2013/05/21 11:22 PM, 狸 wrote:
      こんばんは、防湿庫憧れますね!

      家が全館空調なので湿気の心配はないのですがカメラ専用の保管庫に憧れる今日この頃です。


      そしてどの写真でも我らが60Dの横に堂々と鎮座する柿ピーがシュールですね。
      2013/05/24 9:40 PM, kaiten-sushi wrote:
      >狸さん。
      こんばんは。
      いいですよ、防湿庫!
      迷いましたが、機器が劣化しないので買って正解です。

      たしかに・・・。
      柿ピーはぜんぜん湿気なかったです^^
      Add a comment:









      Trackback:
      http://omoyde.jugem.jp/trackback/746