スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |
    << やっとこ水冷パーツが着弾!(PCケース「ARC XL」用、ミリタリPC「ks'P-05」用) | main | 追加で modパーツを購入&mod作業(PCケース「ARC XL」用) >>

    modパーツも着弾!(PCケース「ARC XL」用)

    こんにちは。
    kaiten-sushiです。

    本日は、modパーツ のご紹介です。
    今回のmodパーツは、レビュー依頼のPCケース「ARC XL」用につかいます。

    ・昨日の記事:「やっとこ水冷パーツが着弾!(PCケース「ARC XL」用、ミリタリPC「ks'P-05」用)

    なお、昨日と同じく以下の情報を載せておきます。(問合せが多いため参考までに)
    購入は、こちらのショップから行い、ロケーション、通貨、運送会社(追跡ありなし)など 各種情報も掲載しました。
    下のそれぞれの運送会社のリンクから追跡サービスに飛べるようになっています。

    Performance-pcs
     住所:アメリカ・フロリダ・パームベイ
     通貨:米ドル(円ドル為替現在101円ほど)
     運送会社:USPFedEx など、到着まで1週間(追跡サービスあり)

    Specialtech
     住所:イギリス・ウェールズ地方・ペンブルックシャー
     通貨:英国ボンド(円ボンド為替現在167円ほど)
     運送会社:Royalmail など、到着まで1週間
     (追跡サービスないが、荷物がイギリスか日本(KAWASAKI)にあるかは分かる。
      Royalmaiって郵便局ですが、安くて以外に到着早いのが驚き)

    OLIOSPEC
     住所:日本・東京
     通貨:日本円
     運送会社:クロネコヤマト など、到着まで2日ほど(追跡サービスあり)

    Amazon
     住所:日本・埼玉(外部倉庫によって住所がことなる)など
     通貨:日本円
     運送会社:クロネコヤマト など、到着まで2日ほど(追跡サービスあり)

    その他として、国際対応の運送会社は、DHLTNT があります。
    TNTは欧州からの荷物、DHLはアジアからの荷物が多かった気がします。

    個人輸入の参考情報でした。

    ・・・

    本題に戻して、本日は着弾したmodパーツのご紹介です。

    >>今日も写真多めです!

    今回 着弾したmodパーツはこちらです。リスト的に並べてみました。

    ▼performance-pcs
    ・6 x mod/smart 3pin Hooded Male Fan Molex Connector- Black (M-FAN-3C-BK)
    ・11 x Pro Male 3-Pin Fan Pins - 3 Pack (PINS-4M-PRO)
    ・5 x Cathode Light Kit Mini Pins - Silver - 4 Pack (CATHODE-PINS-4)
    ・6 x ConnectX Pro SATA Power Connector Pins - Set of 5 (CZ-SATA-PINS)
    ・6 x mod/smart Serial SATA EZ Crimp 90° Connector - Black (M-SCA-16F-BK)      Cap Type Pass-through Cap

    ▼Specialtech
    ・1 × NZXT Sentry Mix 2 6 Channel Fan Controller : AC-SEN-MIX2-M1(ACC-NZX-255)
    ・1 × InLine Multi Power Fan Port (12x)   (AQU-83001)
    ・1 × Phobya 4 Pin Female Molex Power Connector with 4 Pins 5pack : Black(AQU-82353)

    ▼OLIOSPEC
    ・3 × X-ZONE SATA スリーブ / カラー:ホワイト XZ-CS-SATA-WH
    ・1 × X-ZONE 高密度 3mmスリーブ / カラー:ホワイト XZ-CS-3MM-WH
    ・1 × Cold Cathode Kit 30cm Dual/White SHJ-CCKit30DualWhite

    ▼Amazon は省略


    本日のメインディッシュは、スライド式の6chファンコンと、3ピン電源分岐ステーション(電源ハブ)、fractal design のPCファン、高密度3mmスリーブ ですかね♪


    ・・・

    ■それではご紹介です

    ▼スライド式の6chファンコン
     NZXT Sentry Mix 2 6 Channel Fan Controller : AC-SEN-MIX2-M1(ACC-NZX-255)です。
     国内で売られてる似た品は、スライド色がグレーで給電がペリフェラル4ピン×1ですが、こちらはスライドも本体と同じブラックで給電がペリフェラル4ピン×2になっています。

    ・今回レビュー依頼のPCケース「ARC XL」のイメージと合わせてチョイスしてみました
    _MG_8799.jpg

    ・カッコイイ
    _MG_8800.jpg

    ・給電は大容量の4ピン×2ですから、分岐しても風量を維持できそうです
    _MG_8801.jpg

    ・マニュアルです
     30WまでOKなので、ラジエター2,3個分の冷却にも適してます。
    _MG_8806.jpg

    ・PCファンの回転数のコントロールはスライド式です
     ダイヤル式よりも、スライド式で「ARC XL」のイメージに合わせてみました。
    _MG_8802.jpg

    ・あと、LEDの色が変わるんです
     チャンネル数をあらわす「1,2,3,4,5,6」がホワイト、レッド、オレンジ、グリーン、ブルーに変えられるんです。これは良い感じです。今回の「ARC XL」はLEDを白に統一しようと考えていましたからナイスマッチングです!
    sentrymix2-5.jpg

    sentrymix2-4.jpg

    sentrymix2-3.jpg

    sentrymix2-2.jpg

    sentrymix2-1.jpg
    良いですね。


    お次、電源分岐ステーションです。

    ▼3ピン電源分岐ステーション(電源ハブ)
     InLine Multi Power Fan Port (12x)   (AQU-83001)です
    ・コンパクトですが、ペリフェラル4ピンとフロッピー4ピン×2からの給電ですので結構パワフルです(BitsPowerのX-Station兇汎韻元訶斗椴漫
     BitsPowerのX-Stationよりもシンプルな作りですので、ケースの裏方で活躍してもらいましょう。_MG_8794.jpg

    ・出力電圧は 12V、7V、5Vになり、それぞれに4本まで3ピンコネクタを接続してPCファンやLEDに配電することができます
    _MG_8795.jpg

    ・入力・出力端子のイメージはこんな感じです
    _MG_8796.jpg
    色々と使い方がありそうです♪


    次、PCファンです。

    ▼PCファン
     PCケース「ARC XL」のイメージに合わせるように、fractal design のPCファンと、Aerocool のPCファンを追加しました。

    ・PCケースの吸気前面用に、こちらの 12cmファン2台追加します
     Aerocool Shark Fan 12cm White Edition(EN55505 ) × 2
    ・底面に設置するラジエター用に、こちらの 12cmファン1台追加します
     fractal design SILENT SERIES R2 120MM(FD-FAN-SSR2-120) × 1
    DSCF9311.jpg

    Aerocool Shark Fan 12cm White Edition(EN55505 )です
     サメのイメージがちょっと・・・アレなんで、
    DSCF9312.jpg

    ・やっぱり はがしちゃう^^
     サメの骨のイメージもアレなんですが、このPCファンは前面吸気に使うので見えなくなるからまぁOKです。(光らせたかったので)
    DSCF9313.jpg

    fractal design SILENT SERIES R2 120MM(FD-FAN-SSR2-120)です
     電源のレビューにも書きましたが、fractalさんはパーツ全体でデザインが統一されているので安心してPCパーツを合わせられます☆
     (以前の記事: 電源ユニット「TESLA R2 1000W」の外観&性能レビュー
    DSCF9314.jpg

    ・とても静かな回転数のファンですね
    DSCF9315.jpg

    ・本体です
     落ち着いたデザインの造りです。
    DSCF9316.jpg

    ・ちょっと変更
     コネクタを黒に変更して、配線コードをマットブラックに塗装して味付け。
    DSCF9318.jpg

    ・Aerocoolも同様に作業しました♪
    DSCF9317.jpg
    作業もハイペースでやらないとですね。


    次、光物です。

    ▼光物

     まずは、ネオン管です。
    ・Cold Cathode Kit 30cm Dual/White SHJ-CCKit30DualWhite です
     ホワイトに光ってもらいましょう。
    DSCF9319.jpg

    ・内容物
     PCの中への設置を考慮して、あらかじめマジック両面テープが同梱されているのが好印象でした。
    DSCF9320.jpg

    ・こちらもケーブルスリービングを行います
    DSCF9321.jpg

    ・点灯テスト
     ほわっ♪ っと光ります。やさしい光ですね。
    DSCF9322.jpg


    ・LEDライト
     LEDも別途用意します。自動車用なので近所のイエローハットで購入してきました。
     5mmと3mmを用意しました。(右のイエローLEDは使わない。抵抗が欲しかっただけです^^)
    DSCF9332.jpg


    お次は、スリーブです

    ▼X-ZONE 3mm高密度スリーブ
     ただのスリーブではなく高密度のスリーブです。
     何がすごいかっていうと、電源ケーブル(ATX24pin,EPS8pin,PCI-E8pin,ペリ4など)に通した後にヒートシュリンク(熱収縮ゴム)で固めなくても抜けないのです。MDPC-Xなどの4mmスリーブだと接着剤で固定してヒートシュリンクで固めてましたが、手間がかからないのが良い感じです。あと、高密度ですので下のケーブルの色が透けにくいというのがメリットだと思います。
    _MG_8569.jpg

    ・3mm用とSATA用を用意
    _MG_8570.jpg

    ・3mm用です
     密度が高い分ちょっと硬いですね
    _MG_8572.jpg

    ・良い感じにスリービングできそうです
    _MG_8574.jpg

    ・SATA信号ケーブル用です
    _MG_8575.jpg

    ・こちらはMDPC-Xとさほど変わらない感じですが、ちょっと高級感がありますね♪
    _MG_8571.jpg

    今回のPCケース「ARC XL」には、レビューをした電源ユニット「TESLA R2 1000W」を使用しますが、この電源はプラグインではないため必要個所のみスリービングして、PCケース「ARC XL」のレビューをしようと思っています。(時間短縮のため)


    話を戻して、お約束の自作用コネクタと電源端子です。

    ▼自作用コネクタと電源端子(Molexコネクタ)


    ・一通り、SATA用TOP用・中間用、3ピン用(PCファン,LED)、2ピン用(ネオン管)、ペリフェラル4ピン用 など揃えてみました
    20131124-_MG_8650.jpg

    ・ペリフェラル4ピンメス(Female)
    _MG_8793.jpg

    ・3ピンコネクタ オス(Male) と、
    20131124-_MG_8651.jpg

    ・その電源端子(Male)
    20131124-_MG_8653.jpg

    ・SATA中間用コネクタ と、
    20131124-_MG_8652.jpg

    ・その電源端子
    20131124-_MG_8656.jpg

    ・2ピン用電源端子(Female)
    20131124-_MG_8654.jpg

    コネクタと電源端子はもともと在庫が結構あったんですが、
    盛っても送料が変わらないので一緒にあつらえてみました。(個人輸入のマメ知識的な)


    次、お約束の ヒートシュリンク と 自作用配線コード です。

    ▼ヒートシュリンクと配線コード


    ・ヒートシュリンクもフルサイズ揃える勢いで
     こちらは近所のホームセンターで簡単に入手できました。
    DSCF9330.jpg

    ・配線コード、たっぷりと用意です
     主に、「0.2sq」は PCファン3ピンやLEDに、「0.75sq」はATX24ピンやEPS8ピンやPCI-Eに使います。あとはお好みで使ってます♪
    DSCF9331.jpg

    以上、modパーツのご紹介はここまでです。

    水冷・modパーツとも揃いましたので、
    PCケース「ARC XL」の組み込みレビューを始めようと思います。
    なかなか忙しいので、夜の小一時間程度しか作業できませんが、
    レビューを依頼される機会もそうそうないのでがんばりまーす。('ー')ゞ

    それでは、またです。($・・)/~


    ■ご紹介した PCファン です
      

    ▼PCケース「ARC XL」
     

    ▼fractal design の PCケース達です

     

     


    ・配線コード(電源ケーブル)
     自作ケーブルを作りたい時に必要です。
     同時に自作電源端子やカシメ(圧着工具)も必要です。
     - 「AVS 0.75sq、12V80W」(主に ATX EPS PCI-E用)
       

     - 「AWG 0.2sq、12V30W」と、「AVS 0.50sq、12V60W」です
     (主に PCファン、LED、比較的電力が小さいもの用)
         

    ・細線用電工ペンチ   ・電装圧着工具 FK1
     上の端子をカシメる(圧着)するときに必要になります!
         

    ・ヒートシュリンク(熱収縮チューブ)
     電源ケーブルや 配線コードの スリーブ化に必要です。
     - 中間の 6Φmm
       

     -  8Φmm の太めのもの
        

     - 5Φmm の細いもの、  4Φmm の細いもの
        

    ・「エンジニア・ストリッパー」
     配線コードに電源端子をカシメる前に配線コードの皮膜をはがすのに使います。
     便利で簡単に 皮膜をはがせます。
     (「電装圧着工具」でも 皮膜はぎは可能ですが、こちらが圧倒的に簡単かつ正確にこなせます)
     いろいろ種類がありますね。どれもこれも便利そうです^^
        

     ・ヒートガン
     ヒートガンは、スリーブ化のヒートシュリンクを収縮するのに必要。   
       

    ・デジタルノギス
     デジタルノギスは、ヒートシュリンクの内径確認、ネジのサイズ確認、PCファンの大きさ確認など利用できます。
       

    ・はんだ、はんだごて、はんだ吸取り線
     自作LEDの取り付けには必須です。
     半田は必ず電子工作用の30Wのはんだごてにしましょう! 50W以上のを使うとはんだが溶けすぎて直ぐに気化してしまいます。(T_T)
       

    ▼純正マクロレンズ
              ▼デジタル一眼レフ
     EF-S60mm F2.8マクロ USM、    EOS 60D
              

    [  閲覧していただき ありがとうございます。
    ポチっと よろしくお願いいたします  ]

    人気ブログランキングへ
    1
    Mod (Modification) PC | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    スポンサーサイト

    0
      - | 20:36 | - | - | - | - |
      Comment:
      Add a comment:









      Trackback:
      http://omoyde.jugem.jp/trackback/780