スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |
    << 一眼レフカメラ カバー ケースL | main | キートップの交換 ♪ (リアフォ) >>

    PCケース「Corsair Air 240 White Edition」着弾& 組み込みレビュー

    こんにちは。
    kaiten-sushiです。

    久々のPCケースの購入です。

    着弾したのはこちら、

     「Corsair Air 240 White Edition」 です!

        2014年8月9日 発売ほやほやです。

    用途としては、まな板PCが飽きてきたのでパーツたちをPCケースに納めてやろうと思ったのと、
    小型のゲーミングPCを組みたいと思ったからです。

    Obsidian 250D に Mini-ITX 構成の方が小型なのですが、そちらにしなかったのは、
    グラボ と サウンドカード を挿したかったので、最低 PCI-E が 2スロットが必要だったからですね。
    (キレイな画質と音質はやっぱり専用ボードが良いかなと)

    もちろんメーカーは、一番のお気に入りの海賊船 Corsairです。
    Obsidian 800D の頃からのファンですな。

    今回のレビューは、次のメニューで行きたいと思います。
     ・外観レビュー
     ・組み込みレビュー
     ・総評(良いところ、改善して欲しいところ)

    >>続きです(今日の記事は長めです。よろ〜)

    ・着弾!
    「Carbide Series AIR 240 White」です。 自分のケースは 2年ぶりです。
     ケースの上になんか乗ってますが、記事の後半でタネ明し。
    20140819-_MG_7645.jpg



    ■外観レビュー

    それでは外観レビューです。

    ・あけた瞬間、PCケースとは思えませんでした!
     インテリア家具としか思えない、それほど洗練されたボディです。色もホワイトにして良かった^^
     キューブ型のデザインで、縦置きに、横置きに 据え置くことができます。
    20140819-_MG_7650.jpg


    ・マニュアルです
    20140819-_MG_7647.jpg 20140819-_MG_7648.jpg

    ・全体像が分かりやすいです
    20140819-_MG_7649.jpg

    ・内容物です
     ラジエターとPCファンを固定する長手のネジが付いている所がニクイです。
     ゴム足もついていますよ。
    20140819-_MG_7681.jpg


    ・さて、ケースに戻り、斜め後ろから
     このケースの特徴は、キューブ型であり、マザーボードスペースと電源ユニットスペースが区切られていることです。
    20140819-_MG_7651.jpg

    ・リア側です
     左側の上部には3.5インチベイ、下部には電源ユニットが搭載でき、
     右側はマザーボード、8cm PCファンx2基、拡張スロットが搭載できます。
    20140819-_MG_7653.jpg

    ・前面です
     こちらには12cm PCファンx2基搭載できます。
     防塵フィルターもしっかり完備です。
     「CORSAIR」のシンボルですが、これ回転できるんです。あとでお見せします。
    20140819-_MG_7654.jpg

    ・天板です
     こちらにも12cm PCファンを2基搭載することが可能です。
     同じく、防塵フィルターもしっかり完備です。
    20140819-_MG_7655.jpg

    ・底面です
     こちらにも12cm PCファンを2基搭載することが可能です。
     同じく、防塵フィルターも完備です。
     足がないですが、付属のゴム足を付けることが可能ですが、横置きしたときに見栄えがわるいので付けないことにします。
    20140819-_MG_7657.jpg


    ・サイパネにも防塵フィルターがあります
     サイパネのフィルターはマグネット式で折り曲げ可能の形状記憶素材ですので、不慮の折れや欠けによる
    破損事故の心配がなく長く愛用できそうです。
    20140819-_MG_7658.jpg 20140819-_MG_7659.jpg

    ・サイパネのネジが一体になっている
     サイパネを取り外し後にもサイパネの手回しネジがサイパネと一体になっているため、紛失することがなく、再度取り付けも効率良く行えます。
    20140819-_MG_7660.jpg


    ・両サイドのサイパネを開けたところです
     Micro-ATX、Mini-ITX専用ケースですので小ぶりですが、機能がギッシリ詰まっています♪
    20140819-_MG_7662.jpg


    ・このケースの特徴
     真ん中を境に、写真の左が電源ユニットスペース、右がマザーボードスペース に分けられています。
    20140819-_MG_7675.jpg


    ・マザーボードスペースです
     標準で天板に12cm PCファンが1基、前面には2基搭載されています。
     メンテナンスホールも充実しています。
    20140819-_MG_7663.jpg

    ・電源ユニットスペースです
     上部の左に2.5インチベイ、右に3.5インチベイが搭載され、インチベイは取り外し可能です。
     下部の右に電源ユニットが搭載されます。下部の左には無駄な配線を収納するスペースがあります。(ある意味 広大な裏配線スペースです)
    20140819-_MG_7664.jpg

    ・3.5インチベイの取り外し
     ケースのリア側から手回しインチネジを緩めるとアクセスできます。
    20140819-_MG_7677.jpg

    ・こんなかんじで リア側の3.5インチベイと、フロント側の2.5インチベイにアクセスできます
    20140819-_MG_7678.jpg 20140819-_MG_7679.jpg

    ・インチベイそのものの着脱も可能です。        右はインチベイスライド。
    air240-27.jpg 20140819-_MG_7680.jpg


    ・さて、天板ですが、12cm PCケースファンを2基搭載することができます。 防塵フィルターも完備です。
    20140819-_MG_7666.jpg 20140819-_MG_7667.jpg


    ・これは底面です
     こちらももちろん防塵フィルター装備です。
    20140819-_MG_7668.jpg

    ・特徴として、天板、前面、底面のPCファンの固定ネジがスライドできます
     このPCファンの固定ネジですが、なんと固定位置がスライドできます微妙な位置で固定が可能なので、とても重宝します
    20140819-_MG_7670.jpg


    ・お次は、フロント側です
     フロントI/Oパネルの内容は、リセットボタン、パワーボタン、それぞれのLED、オーディオ、USB3.0スロットx2です。
    20140819-_MG_7671.jpg

    ・もちろん防塵フィルター付きですが、目玉はこちらです。なんと「CORSAR」シンボルの向きが回転できるんです。
    20140819-_MG_7672.jpg 20140819-_MG_7673.jpg

    ・裏側から押すと取り外せますので、横置き、縦置きの際にシンボルの向きた正しく据え置くことができます♪
    20140819-_MG_7674.jpg


    ・お次は、メンテナンスフリーの拡張ボードスロット
     こちらはネジが要りません。 「ぐぐぐ」と後ろに引張ると固定金具が解除され、拡張ボードを挿すことができます。
    20140819-_MG_7682.jpg 20140819-_MG_7683.jpg


    ・そんで、気になる内側のサイズ
     外径はカタログスペックにありますが W345mm×D470mm×H385 となっていますが、
     気になるのは内径ですよね。実測しました。

    ・奥行き、37cm
    20140819-_MG_7684.jpg

    ・マザーボードスペース側横サイズ 14.5cm、              電源ユニット側 横サイズ10.5cm
    20140819-_MG_7685.jpg 20140819-_MG_7688.jpg

    ・高さ 27cm、                                そしてメンテナンスホールの内径 3cm でした。
    20140819-_MG_7686.jpg 20140819-_MG_7687.jpg

    外観レビューはここまです。

    ・・・

    ■組み込みレビュー

    それでは、組み込みレビューに移ります。

    ・組み込むパーツたちは、この子たちです
     M-ATXマザー、GTX760グラボ 長さ26cm、メモリx2、サウンドカード、同社 簡易水冷 H100i、3.5インチHDDx2、SSDx1 です。
     お、あと、1000wのネイディブケーブル(プラグインでない)の電源ユニット W x H x D (mm) 105 x 295 x 245 です。
    20140819-_MG_7690.jpg


    ・マザーボードの取り付け
     すっきり入りましたが、一部 マザー上部のEPS8ピンが、ケース上部のPCファンと干渉あり。ちょっと厳しかったり。
    20140819-_MG_7697.jpg


    ・2.5インチベイ、 3.5インチベイとも問題なく収納できました
    20140819-_MG_7692.jpg 20140819-_MG_7693.jpg

    ・また、メリットとして
     ベイスライドの挿入がリバーシブルにできるので、これまで不都合であった電源コネクタ・信号コネクタの向きを気にすることなくケーブルマネジメントがやりやすくなりました。 これはいいですよ。
    20140819-_MG_7701.jpg 20140819-_MG_7702.jpg


    ・電源ユニットの取り付け
     ノンプラグインの電源ですが、裏配線スペースがかなりあるので余裕に納めることができました。
    20140819-_MG_7699.jpg

    ・延長ケーブルをかましても余裕です 
    20140819-_MG_7704.jpg


    ・お約束のグラボフィックボードスペースです
     グラボは26cmですが、公証長さの29.9cm のハイエンドのグラフィックボードでも搭載可能です。
     前面にラジエターとPCファンの厚みがあってもです。
    20140819-_MG_7707.jpg


    ・上の外観レビューでも書きましたが、PCファンの位置が微妙にスライドできるのがとても良い♪
    20140819-_MG_7700.jpg 20140819-_MG_7698.jpg


    ここからは BADポイントです

    ・ケーストップのメンテナンスホール付近のPCファンの追加は困難です
     PCファンを付けようとメンテナンスホールを潰すと、EPS8ピンが入らなくなりますので厳しいですね。
    20140819-_MG_7706.jpg


    ・メンテナンスフリーの拡張ボードの固定があまい
     グラフィックボードやサウンドカードの拡張ボードはメンテナンスフリーで固定するようになっていますが、本来ネジで締めつける部分の切り欠けの位置が合わず、しっかり固定することができませんでした。改善を望みます。
    20140819-_MG_7708.jpg


    ・・・ということで、パーツをすべて組み込んでみました

    ・リア側から
     小ぶりな筺体ですが、とても余裕がある搭載容量です。
    20140819-_MG_7709.jpg

    ・前面から
     同社のH100iも、ケース前面が240に設計されていますので、ピッタリと収まりました。
    (水冷の話で、本来であればチューブとラジエターのつなぎ目はエア噛み対策で下側になければなりませんが、グラボとサウンドカードがある関係で仕方なく上側にしています)
    20140819-_MG_7710.jpg


    ・すべてのパーツ組み込み、取り付け完了です♪
     ホワイトの外装を取り付けてみました。なんともウットリするフォルムです。
    20140819-_MG_7711.jpg

    ・アクリルウィンドウがステキ
     内部のドレスアップに欠かせないですね。
    20140819-_MG_7714.jpg

    ・手回しネジがきついですが、メンテナンス性は極めて良好です
    20140819-_MG_7716.jpg

    ・この防塵フィルター、曲げられるので取り外しが楽しいです♪
    20140819-_MG_7717.jpg


    ・横置きにしてみました♪
     上から宝石箱や水槽を鑑賞しているかのような錯覚にとらわれました^^
    20140819-_MG_7718.jpg

    ・これは新しい感覚です♪
    20140819-_MG_7720.jpg

    ・とても良い
    20140819-_MG_7721.jpg

    ・・・組み込みレビューはここまで。


    それでは、総評です。

    ■■ 総評 ■■

     ■良いところ


     ▼自作er的な観点

    ・マザーボードスペースと電源ユニットスペースが区切られている
     キューブ型の利点としてスペースが区切られていることにより、ケーブルマネジメントが行いやすい。これまでのタワー型のマザーボードと電源ユニットが同一スペースに配置されるPCケースでは電源ユニットのケーブルを一度,裏配線にもぐらせてから再度表面に出す必要がありメンテが面倒であったが、このPCケースは電源ユニットスペースからマザーボードスペースへ通す(一方通行)だけで良い

     特に、ケーブルマネジメントが苦手な “プラグインでない電源ユニット” をお使いの方でも無理なく電源スペースに電源ケーブルを収納することができます
     区切られていることでサイパネウィンドウからはケーブルは見えなく、見た目もスッキリします。

    ・冷却効果が高い(CPU,GPUに負荷をかけて追加検証したいと思います)
     さすがAirの名を持つだけのことはあり、搭載できるPCファンの数とその位置が微妙にスライドできることで、ピンポイントで冷やすことも可能です。上の利点であるスペースが区切られているメリットと相まってそれぞれのパーツごと(機能ごと)の冷却が可能です。

    ・防塵フィルターの使い勝手が良い
     防塵フィルターが着脱可能でありホコリが除去しやすい。また、サイパネのフィルターはマグネット式で折り曲げ可能の形状記憶素材ですので、不慮の折れや欠けによる破損事故の心配がなく長く愛用できそうです。 このフィルター、Goodです!

    ・サイドパネルの手回しネジがサイパネと一体になっている
     サイパネを取り外し後にもサイパネの手回しネジがサイパネと一体になっているため、紛失することがなく、再度取り付けも効率良く行えます。 こういう細かい配慮がGoodです。

    ・2.5インチベイと3.5インチベイが切り分けられている
     これまでの一般的なタワー型ケースの場合、3.5インチベイのベイスライドを間借りして SSDなどの2.5インチドライブを取り付けることが一般的でしたが、昨今のSSD需要から、始めからインチベイが切り分けられて配置さているのが良いですね。
     また、それぞれのインチベイの取り外しが可能ですのでので、いらないインチベイは取り外して運用することもできます。
     くわえて、ベイスライドの挿入がリバーシブルにできるので、これまで不都合であった電源コネクタ・信号コネクタの向きを気にすることなくケーブルマネジメントがやりやすくなりました。これはいいですよ、Goodポイントです。

    ・PCファンの固定ネジの位置がスライドできる
     天板と底面、前面に12cm の PCファン搭載できますが、PCファンのネジ位置がスライドできますので、微妙な位置の取り付けが可能になっています。これにより従来は取り付けを断念するか、自分で穴を開けるかしなけらばならなかったDIY作業から解放されます。 このスライドができる配慮もGoodです!

    ・メンテナンスホールも充実
     ホールの幅(3cm)も、数も充実していますので、様々な位置から電源ケーブルや信号ケーブルをマザーボードスペースに通すことができます。

    ・長い29cmのグラフィックボードも搭載可能です
     今回は26cmのグラボを搭載しましたが、余裕があります。

     ▼moder的な観点

    ・ホワイトの外装とスチールの骨格が着脱可能
     外装とケース骨格が意外に取り外しができないPCケースが多い中、このケースはホワイトの外装とスチールの骨格が着脱可能であり、mod作業時の穴開けや研磨、塗装時に外装に傷や汚れを付けることなく効率良くmod作業が行えます

    ・前面の「CORSAIR」シンボルの向きが回転できる
     「CORSAIR」シンボルの向きが回転できるため、PCケースの向きを横置き・縦置きに据え置くことができ、どちらの置き方でもカッコよく決められる♪
     こういう見た目の配慮はとてもGoodです。さすがです。

     ▼水冷er的な観点


    ・自由な発想の水冷システムが組める
     電源ユニットスペースの3.5インチベイもしくは 2.5インチベイを取り外して、電源ユニットスペースにリザーバやラジエター、チューブなどが配置でき、これまでよりも自由な発想で水冷システムを組むことができる

    ・無加工でボトムに240ラジエターを、前面にも240ラジエターを搭載することが可能です。(天板には難しいですがね)


    ■改善して欲しいところ


    ・あと2cm〜3cmほどトップとボトムにクリアランスが欲しい
     このスペースが確保できることで標準厚み(2cm〜2.5cm)のPCファンを容易に搭載することができます。
     現状はトップとボトムにPCファンを搭載するのに少々工夫がいります。

    ・手回しネジが固い・・・
     ケースのリア側にある天板、サイパネ、底面パネルを固定している手回しネジですが、少し工作精度が悪く手で回すことができませんでした。せっかくメンテナンス性の良いケースですので手回しネジもスムーズに開け閉めできるとグッドでした。(一度M3のネジ切りタップでトレースすればスムーズに入るかと思いますが)

    ・すこし剛性が弱めです
     個人的な所感になりますが、ぺラくはないまでも板厚が少し薄いため、特に持ち上げるときはケース全体を支えて持ち上げる必要があります。面倒くさがって、一箇所に力をかけて持ち上げると ゆがむ可能性があります。

    ・メンテナンスフリーの拡張ボードの固定があまい
     グラフィックボードやサウンドカードの拡張ボードはメンテナンスフリーで固定するようになっていますが、本来ネジで締めつける部分の切り欠けの位置が合わず、しっかり固定することができませんでした。できればネジでも、メンテフリーのどちらでも留められるととても良いと思います。

    ・これは改善要求ではありませんが
     構造上、マザーを取り付けた後にCPU裏のバックプレートへのアクセスが困難です。スペースを区切った構造ですので致し方ありませんが、できるととても喜ばしい。

    ・その他
     ケースではないですが、メーカー2年保証シールを包装段ボールの外側に貼りつけるのはやめてほしい・・・(・_・;)


     ■総評

     改善して欲しい所はわずかで、むしろメリットの方が多く、ワクワクしてこのPCケースで遊ぶことができています。
     今回の目的の小型ゲーミングPCとして、長めのグラフィックボードとサウンドカードが搭載でき、また在庫にあった大きめの(プラグインでない) 1000Wの電源ユニットも詰め込めて良い感じです。特に煩わしいケーブル処理・マネジメントにかける時間が少なくて済みました
     PCケースの見た目もキューブ型かつホワイトな色調であり、(自作PC = オタクなイメージではなく)、インテリアとして室内空間をドレスアップしてくれる。(一緒に住む家族への配慮としても好ましい)

     ⇒ 「Corsair Air 240 White Edition」
      使い勝手、遊び心 ともに 詰まった、 moder もイジリ甲斐のある、 そんな良いケースです!
     ぜひ、お勧めします。

    以上が外観、組み込み、総評のレビューとなります。

    ・・・

    こんな良いケース、うーん、modの虫が騒ぎだしました。
    時間がないんですがね―。


    ■おまけ

    PCケースの段ボール箱の上になんか乗ってたのは、交換用キートップです♪
    ・愛用の 東プレ RealForce 用です
    omake.jpg

    この記事は次回に。

    一晩 の組み込みレビュー、難義だった(^_^;)
    おつかれしたー。

    それでは、またです♪


    ■Corsair キューブ型ケース

    ・Micro-ATX、Mini-ITX用
     Air 240 White Edition、Air 240 Black Edition
       

    ・ATX、E-ATX用
     Carbide Air 540、  Carbide Air 540 Arctic White
       

    ・Mini-ITX用
     Obsidian 250D
     

    ・Corsair H100i
      

    ・MSI N760GTX Twin Frozr
     

    [  閲覧していただき ありがとうございます。
     ポチっと よろしくお願いいたします  ]
     人気ブログランキングへ
    0
      PCケース | 05:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | 05:37 | - | - | - | - |
        Comment:
        2014/08/21 11:12 PM, デンタ wrote:
        どもどもぱぱさんお久しぶりです^ - ^
        いいケースですね!素晴らしい!やっぱコルセアですねぇ昔は遊び心が足りないかなと思ってましたが、ここ最近はNZXTのような攻めの精神が現れてますw
        いいなぁー俺もコルセアのキューブほしいなぁ(*^^*)
        2014/08/21 11:51 PM, - wrote:
        管理者の承認待ちコメントです。
        Add a comment:









        Trackback:
        http://omoyde.jugem.jp/trackback/826