スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | | - | - | - | - |
    << Cooler Master 一体型水冷CPUクーラー「Nepton 280L」レビュー | main | また 来ちゃった……。(Cooler Master「Nepton 140XL」♪) >>

    キャノン “EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM” を発売

    おはようございます。
    kaiten-sushiです。

    ついにきましたね!

    大幅に画質が向上した超望遠ズームレンズ
    “EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM”を発売

    EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM は光学系が一新されて、
    新しいコーティングや最新のISが搭載されるなど、
    16年分の進化が感じられるモデルチェンジとなっているようです。

    http://cweb.canon.jp/newsrelease/2014-11/pr-ef100-400-f45-56l-is-ii.html

    EFレンズシリーズの新製品として、 幅広い望遠域を1本でカバーする超望遠ズームレンズ"EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM"を、2014年12月下旬より発売 とのこと。
    ef100-400-f45-56l-is-ii.jpg
    私は、幼稚園の運動会など EF70-200 F4L IS USM でがんばっていましたが、フルサイズだと短いんですよね。
    100-400だと長くて届きそうなので使い勝手がよさそうです。
    小学校の運動会ではグランドが広いので必要になりそう。

    特徴は以下です。

    ・蛍石レンズ1枚とスーパーUDレンズ1枚を含む16群21枚からなる最新の光学設計により、焦点距離100-400mmのズーム全域において、画面周辺部まで高画質を実現
    ・垂直に近い角度で入射する光に対して大幅な反射防止効果を発揮するキヤノン独自の新開発コーティング技術「ASC(Air Sphere Coating)」を採用し、フレア・ゴーストを大幅に抑制
    ・IS(手ブレ補正機構)がシャッター速度換算で従来機種の1.5段分から4段分に大幅に向上。不規則な動きの動体撮影時に最適な「ISモード3」を新たに搭載
    ・ズーム方式を直進式から回転式へと変更することでホールディングバランスを良好に維持したままの撮影が可能。ズームリングのトルクも好みのレベルに調整が可能
    ・レンズをカメラに装着したまま取り外せる独立構造の新三脚座を採用

    正常進化ですね。

    実売価格は 25-26万くらいでしょうか。
    レビューも楽しみです。

     

    それでは、またです。

    [  閲覧していただき ありがとうございます。
     ポチっと よろしくお願いいたします  ]
     人気ブログランキングへ
    0
      デジイチ(一眼レフ) | 05:35 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | 05:35 | - | - | - | - |
        Comment:
        2014/11/12 10:21 PM, タニアン wrote:
        100-400mmか〜・・・しかし高級ですねぇ

        APS-C機だと約600mm付近なので超望遠域が楽しめますね!!

        私もNikonの望遠で70-200のF4欲しいけど・・・・先にE-M1の12-40かな〜なんて金も無いのに妄想だけは一人歩きしてます!!

        2014/11/13 10:17 PM, - wrote:
        管理者の承認待ちコメントです。
        Add a comment:









        Trackback:
        http://omoyde.jugem.jp/trackback/836